1. まとめトップ
  2. カラダ

脳に良いらしい『食べ物』を片っ端から試すのも悪くない

食べると頭が良くなる、などという食べ物を時折見たり聞いたりします。誰しも頭が良くなりたいと思うものですから興味が沸きますが、同じ物ばかり摂りすぎるのはあまり良くないとも思います。だったらその手の奴を一通り全部食べてみたら健康バランスもとれて一石二鳥かもしれません⁉

更新日: 2016年06月30日

futoshi111さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
216 お気に入り 53100 view
お気に入り追加

◆テアニン

お茶や紅茶などに多く含まれる成分

お茶を飲むと、独特のうま味や甘味を感じます。同時に、リラックスした気分にもさせてくれます。これは、アミノ酸の一種であるテアニンが影響しています

リラクセーション効果を検証した実験によると、50mgのテアニンを服用した約40~50分経過後にα波が増加していたという結果が出ています

α波は安静(リラックス)・閉眼時に多く出る脳波の一種

また、このリラックス効果によって集中力が持続することも判明。PMS(月経前症候群)、更年期障害の症状も軽減したという実験結果も出ています

まだ寝ぼけ気味なのそれなら脳の活性化にはテアニンよ紅茶に多く含まれているからグィーッといきなさい! #attw

リラックス効果〜とか言いながら紅茶がぶ飲みしておくと、眠たくなる頃にはトイレ近くなりすぎて寝れなくなり、勉強せざるを得なくなるのでオススメです

◆EGCG(カテキン)

2014年にスイス・バーゼル大学が発表した研究で、EGCGを豊富に含んでいる緑茶を飲むと記憶力が向上するという成果が出た

緑茶カテキンの効果についての研究が、米国ミズーリ大学の研究者らによって発表された。マウスの実験により、緑茶の摂取と運動の相互作用によって、アルツハイマー病を予防し進行を抑える効果があるとの見解がしめされた

87人のダウン症患者に1年間にわたって認知能力の訓練をする一方で、半数にはEGCGを、残る半数には偽薬を与えた。するとEGCGを投与された人々は視覚記憶や計算能力が改善

こちらはスペインの「ゲノム制御センター」の研究

本通りに出来たカフェ「マジョラム」は、なんと仏滅休みのお店!!ハーブティーはテーマを言うと希望のものを調合してくれます。これは「集中力」のお茶。 pic.twitter.com/FKhdKZtYgs

◆レシチン

注目されている成分として、脳の神経伝達物質であるアセチルコリンの材料になるレシチンの摂取も重要とされています

レシチンを摂取すると集中力や記憶力が増す効果があると言われていますが、アセチルコリンが不足すると脳機能がダウンしてしまうため、脳細胞間でさまざまな情報が伝達できなくなってしまう

納豆、卵黄には、記憶力の低下を予防できるといわれているレシチンが、卵黄には納豆以上にビタミンB12が多く含まれている

ピーナッツ(落花生):腸内環境の良くしたい方に オリゴ糖が多めに含まれており、腸内環境を改善する効果が期待できます。そのほか、脳の神経の働きをサポートするレシチンの作用で物忘れの予防に

納豆とピルクルとかとるようにしたり睡眠大事にしてたら今日は朝から 頭スッキリしてるなー

毎朝無糖のビオに蜂 毎夜納豆にあおさ醤油かけてめかぶ 常に緑茶 で嘘みたいに快調

ご飯のお供を鯖の味噌煮にするか納豆にするか卵にするかで10分頭抱えてた

1 2 3





futoshi111さん

「何度でも見てもらえるようなまとめ」をつくっていきたいと思います!