出典 来栖崇良さんがアップロード

ベアトリーチェが15歳前後で家へ戻ってくると、すぐにフランチェスコに処女を奪われる。



その頃、フランチェスコの気性の荒さは一層激しくなっていて、それ以来、毎日のようにフランチェスコはベアトリーチェを求め、ベアトリーチェが抵抗すると、全身血だらけになるまで鞭で打たれた。





フランチェスコの暴力は、妻ルクレツィアや息子達にも向けられていたが、権力欲と支配欲が性衝動とリンクしているがゆえに、ベアトリーチェに対する暴力は特にひどいものとなる。

この情報が含まれているまとめはこちら

父からの強姦への復讐で死刑になった美少女ベアトリーチェ・チェンチ

階級社会と既得権益はベアトリーチェの苦痛に手を差し伸べなかった。自分の身を守れるのは自分だけだと悟ったベアトリーチェ・チェンチの悲劇を紹介します。

このまとめを見る