出典 来栖崇良さんがアップロード

1598年

フランチェスコが城に滞在中、ベアトリーチェ達は2人の使用人の助けを借り、父親に毒を盛ったが、フランチェスコはすぐには死なずに反撃してきた。





怒りと恐怖が渦巻く現場で、ベアトリーチェ達は錯乱状態になり、フランチェスコを棍棒や金槌などで袋叩きにして撲殺すると、酔った末の事故死に見せ掛けるために父親の死体をバルコニーから突き落とす。

この情報が含まれているまとめはこちら

父からの強姦への復讐で死刑になった美少女ベアトリーチェ・チェンチ

階級社会と既得権益はベアトリーチェの苦痛に手を差し伸べなかった。自分の身を守れるのは自分だけだと悟ったベアトリーチェ・チェンチの悲劇を紹介します。

このまとめを見る