出典 来栖崇良さんがアップロード

ベアトリーチェは7歳の時に、生母エルシリアが亡くなると、修道院の寄宿学校に入り、8年間、穏やかな生活を過ごす。



父フランチェスコは暴力的気性の持ち主で、金と権力を盾に面と向かって逆らいずらい人々に暴力を振るい、裁判沙汰になることも度々あり、貴族でなければ場合によっては死刑になっていた可能性もあるような人物で、その悪名はローマ市中に知れ渡っていた。

この情報が含まれているまとめはこちら

父からの強姦への復讐で死刑になった美少女ベアトリーチェ・チェンチ

階級社会と既得権益はベアトリーチェの苦痛に手を差し伸べなかった。自分の身を守れるのは自分だけだと悟ったベアトリーチェ・チェンチの悲劇を紹介します。

このまとめを見る