第36回日本アカデミー賞の最優秀主演女優賞に『わが母の記』で認知症の母親を演じた女優の樹木希林が輝いた。同賞を受賞するのは『東京タワー オカンとボクと、時々、オトン』以来5年ぶり2度目。

70歳で最年長最優秀主演女優賞受賞となった。過去には最優秀助演女優賞も一度受賞している。

出典樹木希林、最優秀主演女優賞を最年長受賞!日本アカデミー賞 - シネマトゥデイ

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

樹木希林&内田裕也と「沢田研二」の不思議な関係

日本を代表する名女優・樹木希林。彼女が一躍知名度を上げたのが、西城秀樹も出演したドラマ『寺内貫太郎一家』。老け役を演じ、ポスターに向かって「ジュリー」と悶えるのがお約束。ジュリーとは当時のトップスター沢田研二。実はソロになる前のザ・タイガースを見出したのが、樹木希林の夫・内田裕也だった。

このまとめを見る