1. まとめトップ

【恋愛心理】花火大会に一緒に行くと恋が実りやすいって本当!?

そろそろ花火大会の季節♡花火大会のときに使える恋愛心理テクニックをご紹介♡

更新日: 2018年06月29日

7 お気に入り 30038 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

hinayuki26さん

もうすぐ花火の季節ですね♡

花火大会では使える恋愛心理テクニックがいっぱい♡

上手に使って恋を実らせましょう♡

その1 暗闇効果が実力発揮!

・表情が隠れることで、安心感・開放感を得る
・黒目(瞳)が大きくなることで、異性が好意的になる

レストランやバーの照明が暗いのは、この暗闇効果を狙ったもの。夏祭り、花火、キャンプファイヤーなどにも同じ効果があります

確かにムード満点♡

その2 吊り橋効果も期待できる♡

有名な「つり橋効果」も期待できます。「つり橋効果」とは、つり橋を渡っているときなど、心臓がドキドキすることがあると、一緒にいる相手に対して恋心を抱きやすいという効果のこと。
花火大会は、会場へ行くだけでもドキドキしますし、大きな花火の音でもドキドキしますよね!

吊り橋効果は本物である。ジェットコースターやお化け屋敷などのドキドキ感を恋のドキドキ感と勘違いしやすくなる。 デートで使ってみると効果は抜群。

その3 フィーリング・グッド効果

いいシチュエーション(心地よい環境)が人にリラックス効果を与えるもので、
その時一緒に過ごした相手への高感度も上がるというもの。

何かを食べている時(特においしいもの)は、気分が良く開放的になって(feeling goodの状態)、良い気分のまま相手を評価するので、相手に対しても好意を持つという心理作用があります。

夜店でおいしいものをいっぱい食べたらいいのかな♡

その4 なんといっても花火の魔力♡

花火を一緒に見るってことは隣に並ぶってこと。恋人同士がさらに仲良くなるのには絶好の立ち居地。

花火の一瞬の明るさは、顔の陰影をはっきりさせて、美人効果も抜群なの

メンタリストのDaigoさんもオススメ!

先の調査によれば、花火を見ることで、
コミュニケーションが活性化され、一体感を感じやすくなることもわかっています。

カップルで花火にいくならぜひ、新しい浴衣を着て行くことをおすすめします。
新しくなくてもいいですが、パートナーが見たことがないものを着て行くといいでしょう。

1 2