労働者を雇い入れた時から労働基準法の適用事業所となります。

適用事業報告はその事実を所轄労働基準監督署長に報告するための書類です。この場合の労働者とは、臨時労働者、季節労働者、パートタイム労働者、アルバイト等を含みます。ただし、同居の親族を雇い入れた場合には提出する必要はありません。

出典適用事業報告とは会社設立ひとりでできるもん

前へ 次へ