1. まとめトップ
  2. カラダ

【誤解】コーヒーにまつわる悪い噂4選!逆に体に良いことばかり!?

最近、病気の予防など健康にいいとされているコーヒーですが、昔から悪い噂もあります。しかし、その悪い噂は真っ赤な嘘だった!?

更新日: 2016年07月13日

toropicalさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
133 お気に入り 91091 view
お気に入り追加

▼最近、注目度が増しているコーヒー

お店や家で楽しんでいる方も多くなっているはず。

コンビニでも手軽に挽いたコーヒーが買えたりと、
おいしいコーヒーも増えてきました。

▼さらに、健康にもいいとされています

さまざまな効果が期待されています!

・病気予防

コーヒーを1日3~4杯飲む人は、狭心症や心筋梗塞などの心臓病を患う危険性が、コーヒーをほとんど飲まない人よりも36%低かった

・脂肪分解

コーヒーに含まれるカフェインは脂肪細胞の中に入って、脂肪を分解する酵素を活性化してくれます

・消化補助

食後のコーヒーは胃酸を分泌して消化を助けてくれます。また、コーヒーに含まれるクロロゲン酸はガンや動脈硬化などの原因物質である活性酸素を消去してくれる成分を含んでいるといわれています

・ストレス軽減

コーヒーを楽しむことは、「休憩」「癒し」「活性化」、すべてを満たすことになり、うつ病の予防にもつながるんです

▼しかし、コーヒーといえば昔から悪い噂が…

昔から色々な噂があります。

①コーヒーで脱水症状になる

カフェインの利尿作用で、トイレの回数が増えるから脱水症状になる?

【結論】

カフェインを含む飲料の適度な摂取によって、摂取した以上に体内の水分が消失されるという証拠はないことがわかりました

それどころか…

適度なカフェインの消費は体を脱水症状に陥らせることはなく、毎日必要な水分摂取量に達することを実際に助けているそうです

②コーヒーが肌に悪い

コーヒーはお肌の大敵?

【結論】

コーヒーにはポリフェノールの一種であるクロロゲン酸類を始め、豊富な抗酸化物質が含まれており、肌の張りや老化防止にはむしろうってつけなのだとか

逆に肌にいい!

③コーヒーで成長が止まる

20世紀初頭にネガティブキャンペーンで謳われたそうです

【結論】

1 2





雑学や生活に役立つまとめを作ってます。
ブログもやっているのでよろしければご覧ください♪



  • 話題の動画をまとめよう