1. まとめトップ
  2. カラダ

紫外線ナメてた…専門家から学ぶ正しい「日焼け」対策

紫外線って、目に見えないから対策も中途半端になりがち。ここは一度「専門家」の意見を聞いてみよう

更新日: 2016年07月01日

Smashmashさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
560 お気に入り 251991 view
お気に入り追加

曇りだし、日焼け止めは別にいっか……

薄い雲なら紫外線の8割は通してしまい、大気中のほこりや汚れなどは、紫外線への曝露を増加させることも

紫外線の強さは、真冬の1月から緩やかに上昇を続け、7〜8月をピークに下降

しかも7〜8月は紫外線が最強に!

今日曇りだけど紫外線レベルマックスになってる!やっぱり曇りの日の方が紫外線強いんだ

日焼けしちゃったから、速攻で美白化粧水つけないと……

美白化粧水は肌に刺激の強いものが多く、日焼け直後の使用はおすすめしません

日焼け肌はやけどなので、まずは「冷やす」。火照りを取って肌をクールダウンさせることが最も重要

しっかりとお肌をクールダウンさせる。化粧水はそれから

なるべく刺激の少ない使い慣れた化粧水でたっぷり保湿。日焼け後のお肌は非常に乾燥しているので、水分を与えることが大切

まてまて昨日の日焼けやばすぎて赤みひどいし痛いしかも昨日めっちゃ美白ケアやっちまったよ…NGなんだね逆効果なんだねははははは

日焼け止めも塗ったし、オッケー♪

紫外線が目に入ると角膜が炎症を起こし、 その刺激が「脳下垂体」に伝わって、「メラニンを生成」を指示

シミやくすみを防ぐには、UVカット効果のあるサングラスをかけたり、帽子を被るなど、お肌以外での紫外線対策も大切

あっあーグラサンわすれたー目が死ぬ…紫外線で目が死ぬー

紫外線は目からを結構信じてるから日中は薄目で歩いてる

目に直接的なダメージも…充血しちゃう!

慢性的な充血やドライアイ、疲れ目、さらには翼状片(よくじょうへん)白内障等のリスクも高まる

目が充血してたら、それこそ「美白」なんて言ってられない…

朝はフルーツたっぷり、ビタミンもたっぷり♡

柑橘類にはソラレンという光毒性物質が含まれています。光毒性物質は紫外線に敏感に反応する性質の物質

例えばオレンジやグレープフルーツ、みかん、レモン

ソラレンは、摂取後数時間で光毒性を発揮するといわれている。そのため、午前中はソラレンを多く含む食品を避け、夕食にするほうがいい

朝にソラレン多い野菜ばかり食べた自分を恨む(。´_`。)絶望…‼︎些細な事かもしれないけど、ダメージ的に言えば破壊光線浴びたレベル(^p^)

朝の柑橘類はやる気スイッチが入る感。特にグレープフルーツ

朝の柑橘類ってもはや定番だけど、これが「美白」にはNGなんて……

きゅうりをパックとして使うと、肌に直接ソラレンが触れることになります。そのまま日光に当たるのは御法度

パックより直接食べてほしい。ちなみに、キュウリに含まれるビタミンCが肌に効くというのは誤り。キュウリには、キウイの30分の1ほどのビタミンCしかない

1 2





Smashmashさん