1. まとめトップ

【HOW TO】LINEアニメーションスタンプの作り方~作成(自作)から販売するまでの3つの手順~

LINEアニメーションスタンプの作り方。作成(自作)から審査を経て販売するまでを3つの手順で紹介する。無料で作成し、たくさんの人に購入してもらうための手順。LINEスタンプの作成方法は以下参照。http://matome.naver.jp/odai/2141144615158584001

更新日: 2016年08月06日

7 お気に入り 43527 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

sai28さん

①LINEアニメーションスタンプ用の画像を作成する

LINEスタンプと同様にとにもかくにもスタンプのもとになる画像を作成することが一番重要となる。
アニメーションとなるためストーリー性のある連続した画像を作成しよう。

<必要なこと>
・アニメーション画像は最低24枚必要
※たったこれだけだが、注意点はアニメーションにするため元画像が複数必要だ。
「イラストは最低5~最大20フレーム」と規定されているため、24X5で最低120枚の画像が必要になるのでLINEスタンプよりも少しばかり大変である。

<フリーツール>
ツールとしてはアニメーションのもとになる画像を編集するツールと画像をアニメーションにするツールが必要になる。
■画像作成用
ツールはなんでもいいので無料のものを使おう。以下に代表例を示す。
・ペイント:言わずと知れたWindowsに搭載されているソフト。
・LINE Brush:スマートフォンやタブレットで描くときは描画アプリ。探すとたくさんあるので自分にあうもので作ろう。(android,iphoneどちらも無料アプリは存在する)

画像の作成は以下のサイト参照↓
http://matome.naver.jp/odai/2141144615158584001

■アニメーション作成用
・APNG Assembler:公式ガイドラインで紹介されているツール
その他、「APNG 作成 ツール 無料」とかで検索すればたくさん出てくるので、どれを選んでもいい。

<注意点>
LINEアニメーションスタンプは承認されないと販売できない。
つまりは審査がある。
作ってから却下(リジェクト)されると、それだけで1~2ヶ月販売が遅れてしまうので、
先に以下のガイドラインを読んでおいた方が後々の時間短縮につながる。

基本的にはLINEスタンプでNGになったものはLINEアニメーションスタンプでもNGになるので注意したい。

②LINEアニメーションスタンプ用の画像を編集する

ガイドラインを見た方はわかるが、画像についてはいくつか守らなければならない事項がある。LINEアニメーションスタンプ用に画像を作成したままではアニメーションにもなってないのでまだ申請はできないのだ。申請するために画像の編集を行おう。

まずはアニメーションのもとになる画像作成。

<必要なこと>
・画像をPNG形式に変換する
・画像を適切なサイズに変換する
 アニメーションスタンプ画像24個(アニメーションのもとは最低×5倍の120枚) :W320 x H270(最大)
 メイン画像1個(アニメーションのもとは最低×5倍の120枚)  :W 240×H 240 pixel
 トークルームタブ画像1枚   :W 96×H 74 pixel

<作成方法>
GIMPを使った画像の作成方法は以下のサイト参考。

LINEスタンプとの違いは以下の3つ。
①W320 x H270(最大)なので、LINEスタンプよりも最大サイズが小さい。
②アニメーションは複数画像が集まって1つになるので、アニメーションを作ろうとする1セットの画像はすべてのフレームのサイズを合わせる必要がある。例えば5枚の画像で1つのアニメーションを作る場合で1枚の画像をW320 x H270で作成したらほかの4枚もW320 x H270で作成する必要がある。
③余白は一切付けないこと。つまりはW320 x H270(最大)で作成後、以下の最小枠で切り抜いて、かつフレームサイズが合ってないとならない。完璧には余白をつけないことはできないし、フレームサイズも合わせるのが大変なので、実体としては無駄な余白を削除した後にほかの画像とフレームサイズを合わせるために画像サイズやキャンパスサイズを同じにしてあげればよい。

まずは不必要な余白を取る。
「画像」→「最小枠で切り抜き」

LINEアニメーションスタンプ用の画像が出来上がったら、いよいよアニメーション化する作業となる。PNGファイルをAPNGにするわけであるが、ツールでやるのでAPNGって何というのはそんなに気にしなくていい。
ここでは"APNG Assembler"を使用したやり方を紹介する。

<手順>
"APNG Assembler"を開くと以下のような画面が開く。

アニメーション化したい画像を、図の黄色いところへドラッグしよう。

対象のファイルがロードできたら、時間の設定をしよう。
図の赤枠部分をクリック。

ガイドライン上以下の規定がある。
· 最大再生時間は4秒です。単位は1、2、3、4秒のいずれかとなり、端数(1.5秒)単位は設定できません。

フレーム数によって設定時間は変わるので値の設定をこれにすればいいというものはない。
図は1フレームを1/10(0.1秒)で設定した場合となる。

準備が整ったら図の赤枠を押してアニメーション(APNG)を作成しよう。
作成する前に赤枠上にある"..."ボタンを押して、ファイルの保存先やファイル名を設定するのを忘れずに。

さて、作ったアニメーション(APNG)は普通には見れないのでその出来栄えはFireFoXか対応ソフトで確認しよう。
以下は対応ソフト"XnView"のダウンロードリンクとなる。

作ったサンプル。ブラウザによっては動かず

③LINEアニメーションスタンプ申請する

LINEアニメーションスタンプ用の画像が作成できたら後は簡単。
以下のサイトでユーザ登録を行った後のトップ画面にある「新規登録」から必要事項を記入して申請するだけ。

アニメーションスタンプの新規登録時に英語のタイトルと説明文を入力する必要があるが、タイトルと説明が一緒でもいいので翻訳サイトで翻訳したものでいいので適当に入れよう。

LINEアニメーションスタンプの審査期間は長い。審査は約1~2ヶ月くらいかかるので辛抱強く待とう。
無事承認されると、登録しているメールアドレスへ承認通知が届く。
承認通知が届いた後に販売開始アクションを行うとついに販売が開始される。

なお、公式サイトで以下の注意点が追加されているので要注意となる。

審査の中で、静止画として表示される1フレーム目に、そのスタンプで伝えたい感情がわかるイラストが配置されていないため、リジェクトとなるケースが多く見られます。




アニメーションスタンプは、LINEのトーク画面を開いた直後や、トーク画面でスタンプをタップした時に動きます。

それ以外の下記画面では静止画として1フレーム目のイラストが表示されます。

・アニメーションを再生していないときのトーク画面

・アニメーションに対応していないLINEのバージョンや端末のトーク画面

・LINEアプリ内のスタンプショップや、LINE STOREのプレビュー




アニメーションスタンプは、アニメーションとしてだけでなく、静止画としても感情が伝えられる必要がございます。1フレーム目には、そのスタンプで伝えたい感情が分かるイラストを配置してください。




たとえば、ストーリー仕立てのアニメーションが進行し、最終フレームで伝えたい感情の「ありがとう」が表現されるスタンプの場合は、1フレーム目にも、最終フレームと同じイラストを配置するなどのご対応をお願いします。

1