1. まとめトップ
  2. 暮らし・アイデア

実は超優秀!みかんの皮が大活躍するおすすめ活用術

みかんって食べ始めたら1個では止まらず2個3個と食べてしまったりもしますが食べ終わった後のみかんの皮、そのまま捨てていませんか?実はいろいろな使い道があるんです♡今回は知らなきゃ損するみかんの皮の活用術を載せてみました♡

更新日: 2016年07月02日

bena0826さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
130 お気に入り 20715 view
お気に入り追加

▼保存も出来て便利なジャムを作る♡

みかんの皮を煮込むととっても美味しいジャムが出来ます♡みかんの皮には美容成分のビタミンCが入っているので美肌美人になれること間違いなし!

みかんの皮が甘くておいしいジャムに大変身です!意外と形が残っているのもポイント。神経質にならなくても十分おいしいジャムが作れます。歯ごたえも楽しめますね♪

でも皮には農薬がついているんじゃ?なんて心配な人もいるかもしれません。国産みかんの安全基準は皮まで食べることを前提に決められています。雨が降れば落ちてしまうようなそんな弱い農薬なので、お湯でよく洗い落とせば大丈夫です。ただし国産に限ったことです。みかんの皮のジャムをつくるのなら国産みかんがおすすめです。

みかんの皮ごろんごろんジャムを作りました。フランスパンにバターとのっけて白ワインかな? pic.twitter.com/EObXOWBHt0

みかんの皮でジャム作ってみた♡ 紅茶に入れてお姉ちゃんに味見してもらおう^^ pic.twitter.com/BxhXUAFixh

▼油汚れなどをきれいにしてくれる洗剤に!

市販の洗剤を使って掃除すると手荒れが気になりますがみかんの皮で作る洗剤なら手に優しく汚れ落ちも抜群♡

みかんの皮には天然の油が含まれており、その中にリモネン、ペクチン、クエン酸などの成分が含まれています。それらの成分には汚れを落す、つやを出す、においを取るなどのスゴイ効果があります。

作り方はとっても簡単!みかん5~6個分の皮を、適量の水で15分程度煮るだけ。煮汁を市販のスプレーボトルなどに入れて使います。より洗浄能力を高めたい時は、重曹を加えて煮ると◎です。

保存料が入っているわけではないので、約2週間ほどで使い切るようにしてください。

みかんの皮を煮出して、洗剤作り中。こういうビンボーくさい(もといエコ!)なこと好き(≧∇≦) pic.twitter.com/JWt0pUaRbl

▼肌がツルツルになる♡お風呂に入れて!

お風呂に入れるとみかんお香りに包まれてリラックスして入浴することが出来ます♡そのままお風呂掃除に活用すると浴槽もピカピカに!

食べ終わった皮を捨ててしまうのはもったいない! 実は皮をお風呂に入れればさらに美容効果を得ることができるんです。みかんの産地、愛媛県ではポピュラーな入浴方法だそう。

みかんの皮にはリモネンという成分による保温効果があり、入浴から50分ほど保温効果が持続します!またビタミンAやCによる美肌効果や、精神を安定させるアロマ効果も期待できます♪

副次的な効果としてお風呂掃除も、楽になります。これは、みかんに含まれるクエン酸やペクチン、リモネンといった成分が汚れを落とす作用を、持ってるからなんです。

▼落書き落としに使う♡

みかんの皮の黄色い方でゴシゴシすると落ちます!

油性ペンで描かれた落書き、これはそう簡単には落とせませんよね。もうあきらめているという方もいらっしゃるのではありませんか?ですが、なんと意外なものでその落書きを消すことが出来るんです。それはみかんの皮です。

1 2





bena0826さん

このまとめに参加する