1. まとめトップ
  2. 雑学

本当にあった!動物が裁判によばれたマンガみたいな話

どれもウソみたいなホントの話。

更新日: 2016年07月01日

58 お気に入り 79710 view
お気に入り追加

アメリカの裁判でオウムが証言!?

2015年に発生した、バドという名前のペットのオウムの目の前で、妻が夫を殺害したとされている事件

オウムの発言が証拠になるかは、アメリカだし裁判員の判断になるのかな…でもオウムって聞いた言葉を音として覚えてるから信用出来るっちゃ出来る??

オウムに証言させる裁判とか、リアル逆転裁判だな

【アニメ逆転裁判第9話配信中!(本日6/4(土)夕方5時29分まで)】ついに登場、オウムのサユリさん。最後に発した「DL6号事件ヲ、忘レルナ!」の意味は‥‥!? bit.ly/1MGEqfk #アニメ逆転裁判 pic.twitter.com/rWfiEi7QlJ

オウム「DL6号事件ヲ、忘レルナ!」

複数の専門家は、オウムは知能が高く、夫が殺害されたことをバドが覚えていることは「可能だ」と指摘

フランスでは犬が証言台に…!!

もちろん犬は言葉を話す事ができないので、代わりに被告人がバットを振り上げて犬を脅し、その反応を確かめるという実験が行われた

しかし、結局のところ、「犬の証言」が犯人特定の重要な証拠として採用されることはなかった

ヽ(`Д´)ノワオーーン!!

裁判所によると、犬が刑事事件の目撃者として法廷に現れたのは、フランスでは(そして、おそらく世界でも)今回が初めてだという

イギリスでは猫が裁判に出廷してた

その理由は…被告の気分を落ち着かせるためで、「猫がいないと感情的に落ち着かない」との主張が受け入れられ、出廷が認められた

裁判の最中、猫はカートの中から被告を見守り、被告はネコの頭を撫でていたそう

弁護士いわく「猫の精神安定作用は学術的に認められており、被告に必要なものだ」とのこと。次の出廷は来年以降になるそうだ

あまり知られてないけど日本でも。

1 2





わっくんRVさん

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう