1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

Daichi9981さん

不正改造パチンコとは?

簡単に言うと「パチンコ業界が、業界ぐるみで日常的にパチンコの釘の角度を無認可で変更してギャンブル性を大きく高めるような違法改造を行っており、その結果日本中あまねく不正改造機だらけになった」

自動車業界の場合は環境性能なり燃費なりを偽ったわけですが、パチンコの場合は釘の傾きを変えることで「役物比率性能」と呼ばれる性能を不正に操作していました。

役物比率が高いと普通の時は全然球が出ずに、大当たりの時にドバッと出る波の荒い台になるので、必然的にギャンブル性が高くなります。

回収の対象となるのは、全国に約295万台あるパチンコ台のうち「数十万台」にのぼるとみられている。

■調査を実施したほぼ全ての店舗で不正改造が確認された

主基盤のV4チップのソケット部の改造
サブ制御基板と他の基盤をつなぐハーネスの途中に、ぶらさがり部品が取り付け
計数機でのマイナス誤差など、異常計数

1月から入れ替え案が出ていた

1