1. まとめトップ

最強は誰だ!「ONE PIECE」必殺技図鑑 麦わらの一味編

国民的漫画「ワンピース」の必殺技をまとめました。様々な必殺技の中で最強の必殺技はどれだ!

更新日: 2017年08月08日

6 お気に入り 300712 view
お気に入り追加

二本の刀を逆手に持ち、犀の構えからの回転斬りで生み出された衝撃波で敵を吹き飛ばす。対フランキー一家戦で使用。

両腰に一本ずつ刀を構えた居合の構えから抜刀し、対象を縦に両断する。海列車の車両を一刀両断するほどの威力。「ウォーターセブン編」で初使用。前口上は「荒廃の世の自我(エゴ)、斬り裂けり」。

二本の刀を平行に持つ構え。この構えから以下に挙げる様に連続の斬撃を繰り出していく。名称の由来は寿司の握り。

二本の刀を平行に斬り上げる。対カク戦で使用。名称の由来はトロ。

二本の刀を平行に振り下ろす。対カク戦で使用。名称の由来は大トロ。

二本の刀を平行にして横斬りを繰り出す。「エニエス・ロビー編」で初使用。名称の由来はヒラメ。

二本の刀を平行にして袈裟斬りを繰り出す。対カク戦で使用。名称の由来はサーモン。

二本の刀を逆手に持って刀を振り下ろす。対リューマ戦で使用。

刀一本で戦う戦闘方法。抜刀速度に優れ、「呼吸」を知る事でその太刀は鉄をも両断する。ゾロ自身はシャムとの戦闘の際に「あまり得意じゃない」と語っていた。

刀一本で行う居合。対象の呼吸を知る事で高威力の斬撃を繰り出す。「アラバスタ編」の対Mr.1(ダズ・ボーネス)戦で初使用。

口にくわえた刀で相手の体勢を崩し一刀両断する「獅子歌歌」の強化版。「パンクハザード編」で初使用。

飛竜の如く上空から敵に飛び掛かり、重心を加えて斬り下ろす。摩擦熱によって切り口から発火する。「スリラーバーク編」の対リューマ戦で初使用。

三日月形の飛ぶ斬撃を放つ。「魚人島編」の対ホーディ戦で初使用。

敵に突進し、一刀両断する。「パンクハザード編」の対モネ戦で初使用。

迫りくる敵を一刀両断する。「ドレスローザ編」の対ピーカ戦で初使用。

常人離れした筋力で繰り出す、いわゆる「飛ぶ斬撃」による攻撃方法。一刀流で放つ「煩悩鳳」。「空島編」で初使用。飛ぶ斬撃の形は線状であったり扇状であったりする。前口上は「眼・耳・鼻・舌・身・意、人の六根に好・悪・平、またおのおのに浄と染、一世三十六煩悩」。

「三十六煩悩鳳」の強化版。「魚人島編」で初使用。

二刀流で放つ「煩悩鳳」。「エニエス・ロビー編」で初使用。カクの嵐脚「白雷」とほぼ互角の威力を誇る。

三刀流で放つ「煩悩鳳」。「空島編」で初使用。後に大業物の「秋水」を手に入れてからは、放った斬撃が他の二本を巻き込み、一本の巨大な斬撃へと進化した。前口上は「一世三十六煩悩、二世七十二煩悩、三世百八煩悩」。

「百八煩悩鳳」の強化版。「ドレスローザ編」で初使用。

鬼気迫る凄まじい闘気を立ち上がらせ、敵に三面六手の鬼神・阿修羅(アシュラ)の幻像を見せる戦闘方法。

「九刀流」状態で突進し、敵に全ての斬撃を叩き込む。「エニエス・ロビー編」で初使用。カクの最強の嵐脚「周断」の斬撃を一瞬で霧に変える程の強力な威力を誇る。 前口上は「苦難上等、好むものなり修羅の道」。

「九刀流」状態で激しく回転しながら敵を斬り刻む。対PX-4戦で初使用。

対オーズ戦で使用。サンジに「空軍パワーシュート」をしてもらい、フランキーの「ヘビーヌンチャク」の片端に刀を刺して敵に攻撃する。

対オーズ戦で使用。ゾロ・フランキーが同時に膝の裏に攻撃する。いわゆる膝カックン。

サンジ(麦わらの一味)

麦わらの一味:コック
懸賞金:1億7700万ベリー(生け捕りのみ)
戦闘の実力は高く、一味の主力として認識されている。「手は料理をするもの」という信条ゆえ、戦闘において手は使わず蹴り技のみで戦う。一味の中で武器を使わず悪魔の実の能力も持たないのはサンジのみ。

首肉・肩肉・背肉・鞍下肉・胸肉・もも肉の順に敵の体に蹴りを入れた後、強力な後ろ蹴り(ソバット)を叩き込む。「東の海編」で初使用。一瞬のうちにあらゆる部位を蹴りまくる、難易度の高い技。

肩ロース・腰肉・後バラ肉・腹肉・上部もも肉・尾肉・もも肉・すね肉の順に敵の体に蹴りを入れた後、強力な跳び蹴りもしくは後ろ蹴りを叩き込む。「アラバスタ編」で初使用。蹴りの衝撃は筋肉・血液によって敵の体の隅々まで行き渡り、大ダメージを与えられる。

目・鼻・頬・口・歯・あごの順に敵の顔に蹴りを入れ、さらに顔面を蹴りで強烈に連打する。喰らった相手は顔が整形される。顔の骨格から変える事も可能だが、本人曰く「心の骨格までは直せない」との事。「ウォーターセブン編」で初使用。

1 2 3 4 5 6 7 ... 13 14