1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

何人わかる?…見た目の雰囲気が変貌したミュージシャン

さまざまな理由のために、以前と見た目の雰囲気や印象が変わってしまったミュージシャンをまとめてみました。

更新日: 2016年11月22日

ラガモさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
27 お気に入り 146109 view
お気に入り追加

■昔の写真はこちら…

活動初期にはリボンを頭につけるなど、いかにもヴィジュアル系らしい女性のような格好をしていた。

しかし、ダイエットがバスドラムの音の破壊力を失わせたことを契機に、容貌へのこだわりを捨てて体重を増やす。

ライブにおいて、空中で回転するドラムセットを使用したパフォーマンスを行った事があり、その費用は3500万円もかかったとの逸話も。

ドラムのために雰囲気が変わった…LUNA SEA「真矢」

生年月日:1970年1月13日
出身地:神奈川県秦野市
血液型:O型
学歴:神奈川県立伊勢原高等学校
ジャンル:ロック
職業:ドラマー、歌手
担当楽器:ドラムス

RYUICHI、SUGIZO、INORAN、J、真矢からなる日本の5人組ロック・バンド。1993年の『イメージ』でメジャー・デビュー。

メロディアスで壮大なバンド・アンサンブルを継承しつつ、ポップ性の突出したロック・サウンドを確立。

LUNA SEA - WISH / extasy summit 1992 真矢痩せたままだったら相当イケメンのままおっさんなったんやろうなあ youtu.be/B6zOVinMXDc

変貌しすぎなV系バンドマンまとめみたいなのにLUNASEAの真矢さんが居て、ご…ご無体な!となってしまった。

■昔の写真はこちら

出典trdam.com

のボーカル、およびほとんどの曲の作詞・作曲を行うなど活躍

1981年エコーズ結成。1985年にアルバム『WELCOME TO THE LOST CHILD CLUB』でデビュー。

9枚のオリジナルアルバムを残し、1991年に解散した。

エコーズ(ECHOES)で活動していたころの辻は、いわゆるチリチリパーマの短髪に無精ひげ。ワイルドなルックスで鳴らしていた。

バンド活動と並行して小説を書き始め、1989年に「ピアニシモ」で第13回すばる文学賞を受賞。作家デビューを果たす

1999年『白仏』のフランス語翻訳版「Le Bouddha blanc」で、仏フェミナ賞・外国小説賞を日本人として初めて受賞。

「中性的なおじいさんを目指す」と発言も…「辻仁成」

2008年ごろから中性化が指摘されるように

2008年にハードロックバンド「ZAMZA」の結成を機に変貌。

「時代は絶対、中性ですよ。めちゃかっこいい中性的なおじいさんを目指します」と言い出し、化粧をしたり、肩までかかるサラサラのロングヘアがトレードマークに。

外見の嗜好の変化が前妻で女優の中山美穂との離婚の一因となったと報じられたこともある。

出典trdam.com

2002年に結婚。2014年に離婚が成立

現在は長髪だった髪もバッサリ

2015年4月に長髪とお別れ

1 2





ラガモさん