1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

伝える手段は声だけじゃない…聴覚障害がテーマの感動漫画4選

『聲の形』の映画化が話題です。そこで「聴覚障害」がテーマの感動漫画をまとめました。

更新日: 2016年07月01日

korikori2さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
284 お気に入り 63651 view
お気に入り追加

■『聲の形』

2013年〜2014年にかけて『週刊少年マガジン』に連載された。

「俺は彼女が嫌いだった」――明るく! 楽しく! 大冒険! がモットーの少年、石田将也(いしだ・しょうや)。耳の聞こえない転校生の少女、西宮硝子(にしみや・しょうこ)。2人の出会いが、教室を、学校を、そして将也の人生を変えていく――。余りにもみずみずしい青春のカケラたち。最高に切なく、心ゆさぶる物語

彼女は自分に刺さった棘だった――。主人公・石田将也はどこにでもいる粗暴なガキ大将。いつも明るく、リーダーシップがあり、常にクラスの中心となるような生徒で、かしこくはないが憎めない存在。そんな彼の運命が、西宮硝子という聴覚に障害がある少女との出会いから変化していく。

『このマンガがすごい!2015』オトコ編第1位、第19回『手塚治虫文化賞』新生賞など数々の賞を受賞し、全7巻の累計発行部数250万部を突破した人気コミック

題名を「聲」の字にしたのは、調べた際にそれぞれ「声と手と耳」が組み合わさってできているという説があることを知ったためであることと、「気持ちを伝える方法は声だけじゃない」という意味を込めて「聲」にしたという

出典eiga.com

映画『聲の形』
公開日:2016年9月17日(土)
原作:大今良時
監督:山田尚子
脚本:吉田玲子
キャラクターデザイン:西屋太志
アニメーション制作:京都アニメーション
声の出演:入野自由、早見沙織

『映画 けいおん!』や、『たまこラブストーリー』など多くの作品を輩出する京都アニメーションが制作する本作。

監督は『映画 けいおん!』の山田尚子さん、脚本は「ガールズ&パンツァー」など大ヒットシリーズを手掛ける吉田玲子さん、キャラクターデザインは、「氷菓」、TVシリーズ「Free!」を手掛けた西屋太志さんが務める。最強布陣!!

仕方がないので息子から借りた「聲の形」全巻を読破しますた。 6巻でボロ泣きです

■『金魚奏』

2005年〜2007年にかけて『LaLa DX』にて連載された。

高二の春。飛鳥は、祭りで和太鼓を演舞する雅生に恋してしまう。しかし雅生は耳が聞こえず、音の無い世界で心を閉ざしていた??。そして、二人の切ない恋の奇跡は静かに始まる。心ふるえる真夏のピュアラブストーリー。

いやぁ夜寝れなくて金魚奏読んだんだけどほんと好き泣きすぎた余計に寝れなかった

「金魚奏」っていう、ふじつか雪さんの漫画もろう者がそんな暗くないかなー。なんちゅーか、とにかくかわいい、とにかく甘酸っぱい(ノ∀`*)主人公は聴者だけど好きになる人がろう者。 pic.twitter.com/JCIdjKJCmt

二人の恋愛模様、といってしまうのは単純すぎるお話。
障害という要素は軽々しく扱うべきものではないけれど
「金魚奏」は正面からぶつかっています。

「私のくちびるで、どうしたら、つたえられるの?」
なによりも、帯に書かれたこのキャッチフレーズが印象的な一作です。

■『君の手がささやいている』(軽部潤子)

1992年から1996年に『mimi』にて連載された。
第18回講談社漫画賞少女部門を受賞。

ほんとうにわかりあいたいと思ったとき、必要なものは言葉ではなかった……。ろうあ者・美栄子(みえこ)と彼女をとりまく人々の、言葉をこえた心の交流を描く、感動の手話ストーリー!! ――普通の会社に就職した美栄子。健常者と仕事をすることは美栄子にとっても不安であり、周囲の人々もまた戸惑いを隠せなかった。そんななか、美栄子の気持ちを理解した博文(ひろふみ)の存在が、彼女の心の支えとなっていた。2人は徐々にひかれあい、そして恋におちる……。

聴覚障害者のヒロインと彼女と共に生きる夫や娘、家族が、さまざまな障害や葛藤をお互い支え合い分かち合い、愛の力で乗り越えていく姿を描く。

ドラマ『君の手がささやいている』
1997年から2001年に年1回のスペシャルドラマとしてテレビ朝日系列で放送され、1998年にATP賞'98テレビグランプリ、1999年に第7回橋田賞を受賞した。

脚本:岡田惠和
出演:菅野美穂、武田真治、中村麻美、木内みどり、本田博太郎、高樹沙耶、石田太郎、加賀まりこ ほか

耳が聞こえないヒロイン、と言えば、君の手がささやいている、である。

漫画「君の手がささやいている」読み始めてる。なんで今まで読まなかったんだろ…って後悔するぐらい良作。

君の手がささやいている 今日手話の授業でみたけど 泣きすぎてしんどかった めっちゃ良い

■『遥かなる甲子園』

戸部良也のノンフィクション作品『青春の記録 遥かなる甲子園 聴こえぬ球音に賭けた16人』を原作に、山本おさむが描いた漫画作品。1988年から1990年にかけて『漫画アクション』にて連載された。

沖縄県に実在した、風疹聴覚障害児のための聾学校『北城ろう学校』(漫画では『福里ろう学校』)を舞台に、高校野球にあこがれる少年達が、幾多の困難を乗り越え硬式野球部を作り、甲子園を目指す物語。

沖縄県に実在した、風疹聴覚障害児のための聾学校『北城ろう学校』(漫画では『福里ろう学校』)を舞台に、高校野球にあこがれる少年達が、幾多の困難を乗り越え硬式野球部を作り、甲子園を目指す

1 2





korikori2さん



  • 話題の動画をまとめよう