1. まとめトップ

【2018年版】SPECIALIZED(スペシャライズド)の最新情報【ロードバイク】

■ブランド:アメリカ ■代理店:スペシャライズド・ジャパン

更新日: 2018年03月30日

14 お気に入り 510523 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

hukukenさん

▼ニュース

▼SPECIALIZED(スペシャライズド)を使用している自転車チーム

ハーゲンスバーマン・アクセオン(UCIプロコンチネンタルチーム)
クイックステップ・フロアーズ(UCIワールドチーム)
ボーラ・ハンスグローエ(UCIワールドチーム)

▼漫画、アニメでSPECIALIZED(スペシャライズド)に乗っているキャラクター

▼2018年モデル

▼S-WORKS TARMAC MEN SL6 DISC(Sワークス ターマックメン SL6 ディスク)

前作SL5からラインアップに登場したTARMACのディスクブレーキモデルだが、今作ではクイックタイプのエンドから前後12mmスルーアクスルに、ブレーキキャリパーがポストマウントからフラットマウントへと最新規格にアップデートされている。

加えてリムブレーキモデルと同じ乗り味を実現するよう、ライダーファーストエンジニアードを駆使しカーボンレイアップやジオメトリーを調整。ディスクブレーキに対応した剛性を持たせつつもハンドリング特性はリムブレーキモデルと変わらないフィーリングを実現している。

フレーム:カーボン フォーク:カーボン
価格:11速デュラエースDi2完成車 ¥1,100,000
重量:6.65kg タイヤ:NA

フレーム:カーボン フォーク:カーボン
価格:フレームセット ¥470,000
重量:800g(フレーム)
※初回生産分のみ

▼S-WORKS Tarmac Ultralight(Sワークス ターマック ウルトラライト)

フレーム:カーボン フォーク:カーボン
価格:11速デュラエースDi2完成車 ¥1,134,000
重量:N/A タイヤ:700×26c

▼S-WORKS Tarmac(Sワークス ターマック)

第一印象はとにかく走りが軽いこと。それが全面的に感じるのですが、やはり前作よりも200gも軽くなったフレーム重量による部分が大きいのでしょう。持っても軽いし、実際に乗って踏み出した時の進みの軽さは誰もが感じられる特長ではないでしょうか。

これだけ軽くなったにも関わらず、乗り心地や剛性など犠牲になった部分はありませんね。すべての性能がレベルアップしていると感じます。

フレーム:カーボン フォーク:カーボン
価格:11速デュラエースDi2完成車 ¥1,080,000
価格:フレームセット ¥486,000
重量:6.2kg タイヤ:700×26c

フレーム:カーボン フォーク:カーボン
価格:11速デュラエースDi2完成車 ¥1,080,000
価格:フレームセット ¥486,000
重量:6.2kg タイヤ:700×26c

フレーム:カーボン フォーク:カーボン
価格:フレームセット ¥486,000
重量:733g(フレーム) タイヤ:N/A

▼Tarmac Expert(ターマック エキスパート)

フレーム:カーボン フォーク:カーボン
価格:11速アルテグラ完成車 ¥400,000
重量:N/A タイヤ:700×26c
BB:Praxis BB30(スレッド+圧入)

フレーム:カーボン フォーク:カーボン
価格:11速アルテグラ完成車 ¥400,000
重量:N/A タイヤ:700×26c
BB:Praxis BB30(スレッド+圧入)

▼Tarmac Comp(ターマック コンプ)

フレーム:カーボン フォーク:カーボン
価格:11速アルテグラ完成車 ¥320,000
重量:N/A タイヤ:700×24c

フレーム:カーボン フォーク:カーボン
価格:11速アルテグラ完成車 ¥320,000
重量:N/A タイヤ:700×24c

フレーム:カーボン フォーク:カーボン
価格:11速アルテグラ完成車 ¥320,000
重量:N/A タイヤ:700×24c

▼Tarmac Elite(ターマック エリート)

フレーム:カーボン フォーク:カーボン
価格:11速アルテグラ完成車 ¥260,000
重量:N/A タイヤ:700×23c

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11