第1回投票により、1945年以降のオーストリアで初めて、ウェルナー・ファイマン(Werner Faymann)首相の社民党(SPOe)や、その連立相手の中道右派・国民党(OeVP)の後ろ盾を受けない大統領が誕生する見込みとなった。
 国民党のアンドレアス・コール(Andreas Khol)候補は11%で同列4位となり、社民党のルドルフ・フンドストルファー(Rudolf Hundstorfer)候補と並んだ。

出典オーストリア大統領選、極右候補が首位 与党、歴史的敗北 写真1枚 国際ニュース:AFPBB News

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

オーストリア大統領選、異例の「やり直し」に

オーストリアで5月に実施した大統領選に不正があったとされ、やり直しが決定しました。ドイツの隣国であるここでも反移民、反EUの気風が広がっています。今回の大統領選での対立などを含めた報道をまとめてみます。

このまとめを見る