この情報が含まれているまとめはこちら

娼婦から宮廷夫人へ 中世の「プリティ・ウーマン」デュ・バリー夫人

絶世の美女として名を残してきた女性の多くは裕福な出自である中、私生児として生まれ、娼婦として生き、多くの男達に愛されたデュ・バリー夫人の生涯をダイジェスト。

このまとめを見る