1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

カシージャスの造反…?スペイン代表、ユーロ敗退の裏話

優勝候補と目されていたスペイン代表がイタリアに敗れ、ベスト16敗退となったユーロ2016。前回大会優勝チームの敗退には、チーム内の確執が原因の一つとして存在していたようです。

更新日: 2016年07月03日

4 お気に入り 45833 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

ppp_comさん

■EURO2016でまさかの敗退を喫したスペイン代表

スペインは27日に行われたユーロ2016決勝トーナメント1回戦で、イタリアに0-2と敗れた

奇しくも、4年前の決勝で引導を渡した相手に敗れて、“欧州王者”の資格を失うことが決まった

■この敗退を受け、指揮官のデルボスケは退任を表明

デルボスケ監督(65)は6月30日、契約が切れる7月末で退任することを明かした

「監督として残るつもりはまったくない。ユーロの結果がどうあれ、私の将来ははっきりしていた。決断は事前に下していたものだ」と語った

■会見では、かつての守護神との確執も明かした

あえて名指しでカシージャスとの関係に言及したデルボスケ監督。

指揮官のビセンテ・デル・ボスケ監督は退任を発表し、会見の中でGKイケル・カシージャスとの関係が険悪であったことを打ち明けている

デル・ボスケ氏は「カシージャスはチームメイトとは非常にいい関係だったが、我々首脳陣と非常に難しい関係にあったのは事実だ」と告白

「私がメッセージを送らなかった選手が1人だけいる。それはカシージャスだ。 コーチングスタッフへの振る舞いは受け入れがたかった」

■カシージャスはチームの不満分子と化していた?

GKダビド・デ・ヘアをレギュラーに抜擢したことで、長年にわたってスペイン代表のゴールマウスを守ってきたカシージャスはデル・ボスケ監督らに不満だった

自身4回目となるユーロ出場メンバー入りを果たしたものの、今大会ではピッチに立つ機会を得られなかった

■ファンからはこの報道を悲しむ声が相次いでいる

カシージャスが自らの手で晩生を汚してる感じがしてなんか切ない・・・。

カシージャス、さすがに後味の悪い終わりかたはやめようや?な? わいはカシージャスすきやで?

カシージャスがどんどん晩節を汚していっててかなしい、、、

カシージャスは連れてかない方がお互いのためだったかもね?

■過去にも指揮官とのトラブルを抱えていたカシージャス

モウリーニョ監督は2010年から13年までレアルで指揮を執ったが、この際にカシジャスを外して現在ACミランのGKディエゴ・ロペスを正守護神としたことで関係が悪化

1 2