出典 来栖崇良さんがアップロード

ハプスブルク家公女からフランス王妃へ

マリー・アントワネットは、確かに派手好きで贅沢で浪費家であったが、フランスの財政は過去の王達が愛人を多数囲って使った膨大な金と、戦争による巨額の支出で、先代ルイ15世の時代には既に傾いていた。



マリー・アントワネットは、ハプスブルク家のためにオーストリアからフランスに嫁ぎ、ブルボン家による圧政と散財を清算するためにフランス市民から処刑された。

この情報が含まれているまとめはこちら

絶世の美女10選 (人類史上)

人類史に名を残した絶世の美女10人をまとめました。この中のほとんどが、きっと、1000年後の人類でも美女として語り継がれているのではないかと思います。

このまとめを見る