出典 来栖崇良さんがアップロード

娼婦から宮廷夫人へ

娼婦同然の生活から多くの男達に愛され、次第にベッドを共にする男の身分が高くなっていき、ついにはフランス国王ルイ15世の愛人として宮廷夫人になる。

フランス革命が起こると、一度はイギリスに逃れるが、革命政府に差し押さえられた自分の財産を回収しにフランスに帰国した際、革命派に捕えられてギロチン台へ送られる。
私生児として生まれ、娼婦として生き、宮廷内で侮蔑され、デュ・バリーにとって財産は多くの男達に愛された証であった。

この情報が含まれているまとめはこちら

絶世の美女10選 (人類史上)

人類史に名を残した絶世の美女10人をまとめました。この中のほとんどが、きっと、1000年後の人類でも美女として語り継がれているのではないかと思います。

このまとめを見る