1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

Twitterでも「観るしかねー!」と話題の映画「ペレ 伝説の誕生」

7月8日(金)公開の「ペレ 伝説の誕生」は、“サッカーの王様”ペレの知られざる真実を描いた話題作。

更新日: 2016年11月12日

szczesnyndjiさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
78 お気に入り 45390 view
お気に入り追加

◆ サッカーファンなら見逃せない!

原題 Pele: Birth of a Legend
2016年(アメリカ)

監督・脚本 ジェフ・ジンバリスト
      マイケル・ジンバリスト
音楽 A・R ラフマーン
撮影監督 マシュー・リバティーク
プロデューサー ブライアン・グレイザー
        コリン・ウィルソン

ブラジルの英雄にして、世界中に知られるサッカー選手、ペレの若き頃にスポットを当てた人間ドラマ。

1950年マラカナンの悲劇、自国開催のワールドカップで敗れたブラジル代表は自信を失い、国民は絶望した。

スラムしか知らない17歳の少年ペレは、プロチームに入団してからわずか18か月後の1958年、スウェーデンW杯に出場。

17歳の天才は、崩壊寸前だったブラジル代表を救い、チームを世界の頂点へと導いた。

「ペレ 伝説の誕生」は、世界中がその背中に憧れ、エースナンバー“10”の原点となったペレの偉業の知られざる真実を描いている。

◆ 2人の新星と豪華製作陣

レオナルド・リマ・カヴァーリョ(左)
ペレ(中央)
ケヴィン・デ・パウラ(右)

2人の新星レオナルド・リマ・カヴァーリョとケヴィン・デ・パウラが9歳と17歳のペレを演じ、ブラジルでのロケーションが行われた。

外見がペレに似ているだけでなく、サッカーと演技の両方の才能の持ち主、そして当然、英語を話せなければならない。このキャスティングは、実力者が集う豪華製作陣の近年の仕事の中でも、最も困難で努力と熱意を必要とするものだった。

監督・脚本は「ファヴェーラの丘」のジェフ・ジンバリストと、その兄弟のマイケル・ジンバリストが担当した。

音楽は、「スラムドッグ$ミリオネア」でアカデミー賞歌曲賞、作曲賞に輝いたA・R ラフマーンが担当している。

◆ 鳥肌ものの予告映像

スルー予定だったけど、予告観ただけで軽く泣いたので観に行こうかな。ペレ!

◆ ペレがこの作品で伝えたいこと

本名は、エジソン・アランテス・ド・ナシメント。

3度のW杯優勝に現役で立ち会った地球上で唯一の選手。通算1363試合に出場し1281得点を記録。タイム誌の「20世紀で最も重要な20人」に選ばれ、FIFAからは「世紀のサッカープレーヤー」と呼ばれた。2014年には「FIFA名誉バロンドール」受賞。

「彼らの演技はまぁまぁで、僕の若い頃はもっとハンサムだった(ジョーク)。彼らの演技には驚かされたよ! 彼らのような少年が、僕の若い頃を演じるのは容易ではなかったはずだ」

自身を演じた俳優レオナルドとケヴィンについて、ユーモアを交えての評価。

「僕の3度のワールドカップ優勝や1,281ゴール(通算1,281得点)などではなく、若い世代に困難な環境の中で、どう振る舞い、どう望んだ場所に到達するかを伝えたかった。映画内でも(選手としての)健康や食事、さらに立派な大人になるためにドラッグを避けることにも触れていて、それらが僕のキャリアよりも重要だ」

◆ セルジオ越後氏も絶賛

ブラジル出身の元プロサッカー選手。現在は、サッカー解説者でありペレ氏とも親交がある。

「この映画での“ペレ”には、プレーだけでなく、彼の子ども時代や仲間の絆、育てられた家庭環境なども描かれている。人間・ペレがそこにあり、この絆や家族愛に涙が誘われる。あっという間に時間が過ぎた」

また、ペレの偉大さはブラジル文化の一つだとも評した。

◆ 現役サッカー選手が「ペレ 伝説の誕生」の魅力を語る

1 2





szczesnyndjiさん