1. まとめトップ

都立国際高校の評判と偏差値

帰国子女の満足度No.1、先進的な語学教育、独特な自由な校風、早慶上智進学者数1位、バカロレアコースなど、常に注目を集める人気校、都立国際高校の学校情報や評判についての情報をまとめました。

更新日: 2017年12月15日

1 お気に入り 65391 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

kurumisawaさん

都立国際高校、早慶上智の現役進学者数が都内1位の快挙!

週刊誌の「難関大学現役進学者数」の特集で、都立国際高校の早稲田大学、慶應義塾大学、上智大学の合計の現役進学者数が、都内の高校でNo.1であることが判明! 大きな話題になっています。ちなみに2位以下には、日比谷、開成、学芸大附属、女子学院などの超名門校ばかり。都立国際高校といえば、大学進学に強いことが近年注目されていますが、それを象徴する数字となりました。

都立国際高校の学校情報

言わずと知れた「語学教育日本一」の名門校!

語学教育の質の高さでは右に出る学校はないといわれるほどの、語学教育の名門校。都内で唯一の国際学科の学校として創立以来、日本の高校における英語教育をリードし続ける先進校です。大学センター試験における英語の高校平均点は日本一です。

英語の授業はレベル別の少人数制。教師1人当たり生徒数人の授業も。オールイングリッシュで、洋書も積極的に読みます。本物の英語力をつけることができる学校です。

世界中から集まった帰国子女や外国人の生徒が多数在籍!

入試に帰国子女枠や在京外国人枠があり、一般入試も、いわゆる隠れ帰国子女の生徒が多いこともあって、学校内は日本とは思えないほどインターナショナル! 世界中から集まってきた、さまざまなバックグラウンドを持つ生徒たちが融合した独自の学校文化が存在します。

フランス語やスペイン語も!第二外国語教育も盛ん

英語だけでなく、第二外国語を本格的に学べることも都立国際高校の魅力の一つ。ドイツ語・スペイン語・フランス語・朝鮮語・中国語が自由選択科目として履修できます。すべての授業は、ネイティブの教師による、レベル別に分けた少人数のクラスで構成されています。

学校行事の盛り上がりは随一!

世界一の体育祭が終わってしまった。 素晴らしいとか、楽しいとかそんな言葉じゃ表せない。国際生が創るからだよね。 みんなが愛おしい 大好き 一生忘れない忘れられない 青団ありがとう。国際ありがとう。#青春 pic.twitter.com/aureyf7QH2

桜陽祭楽しかったー♪ もうほんっとに国際生になれて良かった D組大好きだわー!!!! あと、まほはぴば✨ pic.twitter.com/8Mxl1YWkop

明日も桜陽祭来てくれたら嬉しい 本当に毎日がエブリデイな国際高校はふぁんたすてぃっくであめーじんぐだから! pic.twitter.com/VWpYpC29nv

留学への支援が手厚い!短期留学から長期留学まで盛ん!

都立国際高校では、留学を推奨しています。1年の長期留学をしても、留年する必要はなく、そのまま次の学年に進級して、通常通り3年で卒業することもできます。学校がさまざまな留学情報を持っているので、留学をしてみたいという人にとっては最適の環境です。

海外名門大学を目指すバカロレアコースを設置!

2015年より、海外の名門大学の進学資格である「国際バカロレアコース」が設置されました。難関進学校に設置された本格的なバカロレアコースは日本で初のこと。東大や京大などの国内の名門大も導入を予定しており、初年度より偏差値70を超える激戦となっています。

都立国際高校の偏差値「67」、バカロレアコース「71」

都立国際高校のVもぎ、Wもぎの合格確実圏偏差値は「67」となっています。これは、都立2番手校の水準で、青山高校、新宿高校、両国高校などと同レベルです。
バカロレアコースの合格確実圏偏差値は「71」となっています。これは、都立西高校、都立国立高校といった都立トップ校に匹敵する極めて高い難易度となっています。

都立国際高校と志望校を悩む主な高校

都立国際高校と同じように、国際理解教育や英語教育に力を入れている学校をピックアップ。志望校選びの参考にしてください。

1