ノロウイルスは、わずか10~100個の少ない数でも食中毒を発症させます。潜伏期間は24~48時間で、下痢、吐き気、嘔吐、腹痛、発熱(38度程度でそれほど高くならない)といった症状が現れます。

症状は3日以内に治まることがほとんどで、後遺症もありません。また、感染したからといって必ずしも食中毒の症状が現れるわけではなく、人によっては軽い風邪程度の症状で治まることもあります。ただし、免疫力が低い乳幼児や高齢者の場合には、吐しゃ物を吸い込むことで窒息したり、肺炎を引き起こす恐れがあるので、注意が必要です。

出典生牡蠣で食中毒?ノロウイルスの潜伏期間と症状・対処法 | ヘルスケア大学

脱水症状の危険性があるのでスポーツドリンクなどで十分な水分補給をしましょう!

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

食べると危険!!でも美味しい食材!!

食べると危険!そんな食材を集めてみました。処理の仕方によっては安心できるものあるので正しい食べ方を身につけましょう! ジャガイモ フグ キャッサバ 生肉 牡蠣 グルメ 食中毒 肝炎 インフルエンザ

このまとめを見る