1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

小学生からの夢、ももクロ「有安杏果」の初ソロライブが感動の嵐だった!

大人気グループ「ももいろクローバーZ」の有安杏果(ありやすももか)が3日、横浜アリーナで自身初のソロコンサートを行いました。この日のために作詞作曲した新曲「Feel a heartbeat」を含め、22曲を披露!また11月26日に大分県で2度目のソロ公演を行うことも発表しました

更新日: 2016年08月27日

6 お気に入り 46654 view
お気に入り追加

ももクロ有安が初ソロライブ!

有安杏果さんとは?

有安杏果(ありやす ももか)とは、ももいろクローバーZのメンバー(グリーン)である。

148cmと小柄ながらダイナミックなダンスと高い歌唱力が特徴であり、「小さな巨人」のキャッチフレーズで活動する

小学生からの夢

メンバーカラーの緑のペンライト一色に染まった客席を見渡し、「みんなを独占してもいいかな?」と満面の笑み。

有安は「小学生の頃から夢描いた、このステージ。ここに立つことができたのは声が出ない時も支えてくれた、ももクロメンバー、スタッフ、応援してくれたファンの方がいたから。

感謝の気持ちでいっぱいです」と頭を下げた。「ありがとうのプレゼント」を歌唱した後、「来てくれたみんなの顔、もう1回、見ていい?」と語りかけ、ハイタッチしながら場内を1周した。

自身で作詞作曲した曲も披露

この日のために作詞作曲した新曲「Feel a heartbeat」を含め、22曲を披露した。

エピソードカバーのコーナーでは、ももクロ加入前のグループ「Power Age」の楽曲「約束」など、有安が転機となった作品を披露した。

歌唱力は、メンバー屈指の実力。約3時間、22曲のパフォーマンスで沸かせた。

11月には2度目のソロ公演も

ももいろクローバーZ

「ももクロの緑色担当として頑張りつつ、自分の伝えたい思いや言葉は、これからも歌にして書き続けたい」と意気込んだ。

ライブで販売されたCDが凄い!

ソロコンサートで販売されるCD「ココロノセンリツ♪ feel a heartbeat」は当日パフォーマンスされる有安杏果のソロ楽曲が全5曲収録されたEPとなる。

1曲目の「feel a heartbeat」は有安自身が作詞し、作曲は多保孝一と共作。2曲目の「Drive Drive」は[Alexandros]のボーカル川上洋平が作詞・作曲を務め、編曲は横山裕章が担当した。

3曲目の「裸」は小谷美紗子が作詞・作曲・編曲を手がけ、4曲目「Another story」の作曲は宮崎誠、5曲目「心の旋律」の作曲は武部聡志が担当し、両曲の作詞は有安が手がけた。

1 2 3





お気に入り登録ありがとうございます。
自分の気になったことをまとめています。

このまとめに参加する