1. まとめトップ

実は粋なたしなみがある七夕の楽しみ方

もうすぐ七夕。実は七夕には奥深い意味がたくさん。

更新日: 2016年07月04日

showkotudaさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
1 お気に入り 4211 view
お気に入り追加

七夕は五節句のうちの一つ

人日じんじつ(正月7日)、 上巳じょうし(3月3日)、 端午たんご(5月5日)、 七夕しちせき(7月7日)、 重陽ちょうよう(9月9日)の「五節句・五節供」と言われる風習は、中国から伝わった考え方に 日本にほんの宮中行事などが合わさったもので、江戸時代の初期には江戸幕府によって「 式日しきじつ」と定められ公武行事として行われました。

七夕は何を願う?

「棚機(たなばた)」とは古い日本の禊ぎ(みそぎ)行事で、乙女が着物を織って棚にそなえ、神さまを迎えて秋の豊作を祈ったり人々のけがれをはらうというものでした。

奈良時代は裁縫の上達を願った

裁縫はできる女のステイタス

平安時代に願ったのは和歌の上達

短冊の元になる物もこの頃に誕生し、里芋の葉にたまった夜露を「天の川のしずく」と考えそのしずくで墨を溶き、古くから神木として考えられていた梶(かじ)の葉に和歌をしるし願い事をしていました。

江戸時代に短冊に願い事を書くようになった

江戸時代は井戸の掃除をする習慣がある

水がきれいじゃないと願い事がかなわないというジンクスがあった。

是非、七夕に水回りの大掃除を。

七夕で食べるものは“色付き”そうめん

七夕に食べたい“そうめん”レシピ

自家製トマトソースに
にんにくで炒めたオニオン・ズッキーニと
細かく切ったパプリカ・レモン汁を混ぜて
クレイジーバジルで仕上げています。

そうめんをソースに絡めたら
クルッとフォークで丸めて盛り付け。
周りに余ったソースを盛り
レモンスライス・ミント・星形パプリカで
七夕っぽく流れ星に☆彡

七夕飾りにも意味がある

女子の裁縫の腕が上がるように

お金が貯まりますように

豊漁になりますように

1 2





showkotudaさん

興味があることをpick up.