1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

tozainanbokuさん

ファーストリテイリングで導入されています

【2015年5月30日】「ユニクロ」などを展開するファーストリテイリングが、「ジーユー」の4店舗でセルフレジの試験運用を始めた。

セルフレジはRFID(ICタグ)を活用したもので、購入者自身がハンガーなどを外して、レジ備え付けのボックスに商品を入れれば、より短時間で精算が可能になるという画期的なサービス。

昨年夏からGU全店、今年6月からユニクロ全店に順次導入するとのことだったが、かなり遅れているようだ。

セルフレジが使える店舗はまだあまり数がないようです。

タグ1個1個バーコードリーダーで読み取る必要なんてない。一気に読み取ってくれる。
下にあるボックス(ロッカーみたいな)所に買い物カゴごと入れる
ボックスのフタをしめてタッチ画面で精算をすると、全品物と合計金額が出る!!!すごい!
この間、2秒くらい。
支払いは自動券売機のようにお金を払えば良い

GU行ったんだけど、セルフレジがハイテク過ぎて驚いた

GUセルフレジになってたぞ。 下の扉の中に商品を入れたら全部読み取ってた! pic.twitter.com/WRHEtpGMkc

必要な時に店員がいないという経験をされた方も多いのではないだろうか。そんな不満がセルフレジの導入拡大で減っていく可能性がある。

また、品出しができずに販売機会の損失が起きることも抑制される。

バックヤードでの検品や棚卸時間もICタグの読み取りで大幅に時間が短縮される。

さらにタグには、商品を生産しないまま持ち出すとゲートでブザーが鳴る防犯機能もあり、万引などの犯罪の抑止効果もあるという。

ICタグはリサイクルもできないわけではないが、消耗品として考えなければならずランニングコストになる。

ラベル代だけでなく、それを貼付する手間もかかる。
 1枚1円+貼付代1円の計2円で済んだとしても、高額商品なら吸収できるかもしれないが、低額商品のGUには負担がかなり重い。もちろん、それ以外にシステムやハードの費用も発生する。

@9i_tp ・GUやユニクロでセルフレジを6月から本格稼働 ・コインロッカーのようはボックスに商品を入れて商品を瞬時に読み取る方式(30年以上前に完成された技術) ・このGU式の問題点はコストでコストさえクリアできれば普及することは間違いない ・周りも導入してコストダウン狙う

普及し導入のコストが下がったとしても雇用面で懸念があります

その反面として「雇用が失われる」という大きなデメリットもある。

事業者にとってのメリットはなんといっても自動化による人件費の節減である。
セルフレジが本格的に普及してくると、ちょうどガソリンスタンドのセルフ化が進んだ時と同じように、「スーパーのレジ打ち」という、家庭の主婦や中年女性にとっていちばん手頃でとっつきやすく、一般的だったパート職がごっそり社会から失われてしまうことになる。

オックスフォード大学のマイケル・A・オズボーン准教授の『雇用の未来—コンピューター化によって仕事は失われるのか』という論文が先月話題となりました。時代の変化とともにコンピューター化が進み、なくなってしまう可能性が高い職種もあるそう。そこで今回は、20年後にはなくなっているかもしれないと思う仕事についてみなさんに聞いてみました。

■20年後にはなくなっているかもしれないと思う仕事ランキング
1位:タバコ店員
2位:レジ打ち係
3位:新聞配達員

見事ランクインしています

セルフレジに対するネットの反応

最近多くなって来たセルフレジ。人見知りにとって、スーパーマーケット史上最高の発明です。

TSUTAYAが近代化していた レンタル専用セルフレジってなんなんだ おじさんついていけない…

今日、初めてツタヤのセルフレジを使ってみたんだけど、すごく便利でビックリした 硬貨が回転した時とか、一人で「おおっ」ていっちゃったよ笑笑 いつか、全部無人になるのかな、、、

GUのセルフレジ、すごい!!!人がいらなくなるね。

好意的な声も多いですがリストラや人員削減に心配する声もありました

1