1. まとめトップ

大阪参議院選挙2016候補者[野党共闘]

大阪参議院選挙候補者【おだち源幸】のプロフィールや政策、理念などのまとめ。税財政・経済・金融のプロであり、「1%の大金持ちより、99%の幸せを」をスローガンに活動してます。年金、税金、奨学金の具体的な演説を行っており、演歌歌手の美川憲一が応援に駆けつけたりしています。

更新日: 2016年07月07日

0 お気に入り 4169 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

SAISA1さん

大阪参議院選挙 候補者 【おだち源幸】

生年月日:1963年10月9日(52歳)
出身校:慶應義塾大学経済学部
学位・資格:経済学士
前職:公認会計士、税理士、行政書士、衆議院議員秘書
所属委員会:
財政金融委員会
国民生活のためのデフレ脱却及び財政再建に関する調査会
沖縄及び北方問題に関する特別委員会
世襲:無し
選出選挙区:大阪府選挙区
当選回数:2回
所属党派:民進党
党役職:大阪府総支部連合会代表
大阪府参議院選挙区第3総支部長
党・税制調査会(会長代理)

おだち候補の親友・歌手の美川憲一さんも応援‼ 参議院選挙は民進党に投票を‼(①期日前投票 ②7月10日投開票) 【大阪選挙区】 いろいろ迷いましたが、 今回は野党結集候補の「おだち源幸(もとゆき)」さん‼ #戦争法廃止 pic.twitter.com/XIJPHiqq2G

おだち源幸さん街宣@難波戎橋 美川憲一さん、小林節さんが応援 さすが、すっごい人だかり(^o^) 大阪から 憲法と平和と暮らしを守るおだちさんを国会へ‼ #おだち源幸 #大阪参院選 pic.twitter.com/KIyneo6v90

#拡散 RT @odachi_moto: 【天王寺駅に】おだち源幸【います!】おだちが推薦を頂いている「国民怒りの声」代表の小林節先生が登壇!野党結集!大街頭演説会です! #おだち源幸 #大阪 #参議院選挙 #天王寺 #野党結集 pic.twitter.com/sZVjOhvFP0

国会に5人しかいない税財政・経済・金融のプロ!!

真の野党結集候補は税理士・公認会計士・行政書士の資格を持つ「おだち源幸」。 大阪の経済の活性化と、皆さまの暮らしの底上げは、この「おだち源幸」という専門家に託してください! #野党共闘 #野党統一候補 #参議院選挙 #大阪 pic.twitter.com/XNPSCGJBMr

国会にたった5人しかいない、税理士・公認会計士・行政書士の資格を持つ、税財政・経済・金融のプロフェッショナル。慶應義塾大学経済学部卒業後、外資系監査法人アーサー・アンダーセンに入り、アメリカやフィリピンでの海外赴任経験もある。第20回参議院議員選挙で大阪選挙区で初当選。現在2期目であり、大阪府参議院選挙区第3総支部長・民進党大阪府総支部連合会代表を務める。財務大臣政務官や財政金融委員会の委員長も歴任。

今日は大阪のおだち源幸候補の応援に入りました。ご推薦を頂いているTKCの先生方にもさらなるご支援をお願いしました。おだち候補は税理士でもあり、私が会長を務める党税調の会長代理です。何としても国会に戻って来てもらいたいと思います。 fb.me/2JKQDoSOL

税金、年金、奨学金! これらのお金のルールをちゃんとしてくれるのが#おだち源幸 さんです! 野党唯一の会計士! 日本のお財布を守ります!! #大阪選挙区 #7月10日参議院議員選挙 pic.twitter.com/QrKLRsAPhw

おだち源幸候補と大阪で。 税理士でもあり公認会計士でもあるおだち候補は経済、財政、税制の専門家です。株式投資で300万利益が出ても3000万利益が出ても税金は一律10%はおかしいので、見直しをしてその財源を子どもに、との訴えです。 pic.twitter.com/OqDv8j8Nzy

夕方、なかもず駅ロータリーにて街宣活動。 おだち参議院議員は、税理士・公認会計士で、お金のプロ。私たちの大切な税金を無駄遣いさせない!との志をたて、政治の世界に飛び込まれました。2期12年。真面… instagram.com/p/BG1jFJGhXWC/

年金の損失5兆円だって? こねままじゃ日本の老後はお先真っ暗じゃないか。 年金をまもる法律をつくる お金のプロ、公認会計士、税理士 おだち源幸さんを応援してね! #おだち源幸 #大阪 #参議院選挙 pic.twitter.com/k8NLB1LysT

万博公園を守った

そうです。「この不動産に、投資する価値があるだろうか?」などといった話をよくしていましたから。ビジネスマンと一緒ですよ。プレゼンテーションもしました。"契約"を勝ち取るために、です。こういった話は前例がなかったから、具体的な収益性を分析して、資料にしました。元々"数字オタク"のようなところがあるから、こういった計算は大好きでして。 最終決定が下されたのは、2014年の話です。  今は問題が無事に解決して、 海遊館などのエンターテイメント施設やショッピングモールなどもできています(http://www.expocity-mf.com/)。この前も行ったのですが、笑顔の家族連れなどで、大変賑わっていましたね。とても嬉しい光景でした。

企業を誘致し、経済活性化を促した

「関西イノベーション総合特区(正式名称:関西イノベーション国際戦略総合特区)」

カタカナ漢字交じりの長い名前ですよね。要は関西エリアに「特別なルールを設ける地域をつくり」、「企業を誘致していこう」というものです。新しい企業が来れば、雇用や人口が増える。お金が儲かる企業を誘致すれば、結果的に税金の収入も増える。そうやって、まちと経済を活性化していこう、という考えです。 制度を作ってから時間が経ちますが、現在もこれは続いています。

[隠れ補助金]をあばいた

「租税特別措置透明化法」という法律を成立させました。なかなか難しい名前でしょう。簡単にいいますと、「各業界に対し、税金をおまけする仕組みを透明化しよう」というものです。政治家と、各業界のやりとりを健全化しようと。

重ねて言いますが、それまでの 租税特別措置は特定の業界に対する「隠れ補助金」として存在していた。これと関連する様々な事例について、きちんと政策面から評価して、ダメな点は直して(場合によっては制度を廃止)、より良いものにすることができる仕組みをつくりました。 また法律が成立する以前は、推計こそありましたが、それぞれの租税特別措置で「本当にいくらくらい減税されているのか?」という金額が分からなかったのです。驚くべきことです。 法律を成立させた結果、「租税特別措置適用実態調査報告書」が出されるようになりました。分厚い、数字ばかりがならんでいる報告書です。けれど、この報告書は、日本を良くするための宝の山です。

1 2 3 4