1. まとめトップ

煽るだけ煽って、火をつけて、爆発させといて…ナイジェル、UKIP党首辞めるってよ #Brexit

英国のEU離脱を「独立 independence」と呼ぶという政治的主張を党名に掲げたUKIPの党首で、今回のレファレンダムで「離脱」派の主要人物として発言・活動してきたナイジェル・ファラージが、UKIP党首を辞任すると宣言しました。「離脱」後の英国で役割を果たすつもりはないようです。

更新日: 2016年07月06日

0 お気に入り 10036 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

nofrillsさん

(7月4日にニュースが出た後、さかのぼったらこのような鋭い発言があったんですが……)

Well, the good news is that now Farage is unemployed and UKIP’s purpose is spent, we’ll hear no more from him.

7月4日のびっくりニュース

最初は古いニュース(2015年の総選挙後のもの)が誤配信されてきたのかと思った。

Nigel Farage resigns as Ukip leader d.gu.com/Ljrjn4

で、リンク先を見て、「古いニュースの誤配信」ではないとわかった。

ナイジェル・ファラージ。UKIP (UK Independence Party: 「英国独立党」) の党首。「カメラが喜ぶツボ」を心得たポピュリスト。説得力があるように聞こえる声の持ち主でもある。

EUレファレンダムに際しては、公式の(保守党ボリス・ジョンソンをリーダーとする)「離脱」陣営とは、名目上、別に「離脱」のキャンペーンを展開し、公式の(保守党の)「離脱」陣営以上の存在感を発揮し、メディアに出まくってはデマを含めてあれこれ発言しまくった。

レファレンダムの結果が出たあと、ファラージの言っていたことがデタラメだったこと(おそらくわかってて発言していたので「デマ」だろうが)がわかったときに、保守党の「離脱」陣営は、「ファラージは決してオフィシャルなLeave陣営の一員ではなかった」と開き直った(ジョンソンかゴーヴか、どちらの発言だったかはもう覚えていないが)。

しかし、英国内外での報道で、ファラージが「離脱」派の「顔」だったことは事実だ。

写真は6月25日のThe Japan Timesの1面。「離脱」派の顔として使われているのはファラージの写真である。

「離脱」陣営では、公式の(保守党の)Leaveキャンペーンのリーダー、ボリス・ジョンソン前ロンドン市長(現下院議員)が、保守党の「離脱」陣営内部のクーデター的なアレでアレになった。
http://matome.naver.jp/odai/2146728697993148801

そこにもってきて、今日のファラージのニュースである。

現地10:04にナイジェル・ファラージのスピーチが始まったとのガーディアンのフィード。
http://www.theguardian.com/politics/live/2016/jul/04/brexit-live-plan-leave-vote-hysteria-boris-johnson?page=with:block-577a262de4b0c5b1280f33ad#block-577a262de4b0c5b1280f33ad

※時差は8時間。現地10時=日本は18時。

スピーチで、ファラージは、「私たち(UKIPのことなのか、離脱派全般のことなのかは厳密でない)は勝利しはしたが、要求を通すのはこれからだ」ということを述べている(単一市場に明確に反対している)。
http://www.theguardian.com/politics/live/2016/jul/04/brexit-live-plan-leave-vote-hysteria-boris-johnson?page=with:block-577a269ae4b0c5b1280f33b0#block-577a269ae4b0c5b1280f33b0

Nigel Farage has just said we should head-hunt great negotiators from South Korea, Singapore and Chile to sort out post-#Brexit trade deals

うーん。これまた、「エリート」が考える中国や湾岸諸国との関係強化の向こうを張ってるんすかね。

UKIPなしでは「離脱」派が勝利することはなかっただろうとか、UKIPはこれからますます拡大するとか、労働党から票を取り込め(←注目)とか言ってる。
http://www.theguardian.com/politics/live/2016/jul/04/brexit-live-plan-leave-vote-hysteria-boris-johnson?page=with:block-577a2702e4b0b320cf128d8c#block-577a2702e4b0b320cf128d8c

そして……

Nigel Farage has just announced he is standing aside as @UKIP leader. Follow our politics live blog for more theguardian.com/politics/live/…

Nigel Farage said during the referendum, people told him they wanted their country back. Now: "I want my life back"

アホらしすぎて、ファラージの発言が日本語にならない。ルー語にしかならない。「ティス・タイムの投票でマイ・カントリーをテイク・バックできたので、次はマイ・ライフをテイク・バックしたい」 https://t.co/un4SC7cWYt

×ティス ○ディス なぜこのようなタイポをしたのかも不明。そのくらい、アホくさいと思ったのだろう。

なお、ファラージは2015年総選挙で落選した直後に一度UKIP党首を辞めているが、ほどなく戻ってきた(ファラージはとても有能な看板だが、UKIPを動かしているのはファラージではなく、党を支援している富豪である)。今回、スピーチ後に記者からそこを突っ込まれて「今回は戻ってこない」と言っている。
https://is.gd/LvrIul (ガーディアンのライヴ・ブログ)

▼人々の反応

Johnson....now Farage #Brexit pic.twitter.com/HM8zri5vh3

Brexit後にこのGIFを何度見たことか。「ぶっ壊すだけぶっ壊しておいて、あとは知らん顔して立ち去るだけ」の意味。

Now Farage (like Boris) won't need to trouble himself with the details of the next few years. Brexit, then bugger off.

"Brexit, then bugger off" って、すごい的確。

First Boris, now Farage. What a shambles from the Brexit camp. None of the leaders of the leave campaign want to take responsibility.

「Leave陣営側のリーダーは誰も責任を取りたがらない」

Cameron, Boris and now Farage, one shared policy: pic.twitter.com/cW6zaw1hJK

党内の圧力に耐えかねて「国民投票」という危ない橋を渡ることにしたキャメロン(しかも、「離脱」という結果になった場合にどうするかのプランを立てるよう官僚に指示する程度のこともしていなかった)、VoteLeaveのトップでありながら最終的には「次の首相」になることもしないジョンソン、そして今回のファラージ。

Now Farage has resigned, too. Is this is the Let's-Mess-Up-The-Country-And-Run-Away-Laughing Movement?

「これは、この国をめちゃくちゃにして、ゲラゲラ笑いながら走って逃げてもええじゃないか運動なのか」

Nigel Farage resigns as Ukip leader after 'achieving political ambition' of Brexit gu.com/p/4nm23/stw This is becoming Quitters Daily.

First Johnson and now Farage, what a mess, they lead campaign to exit EU then walk away leaving the country in a state of uncertainty

「EU離脱を説いておいて、国がこの先どうなるのかわからない状態を放置して歩き去る」と怒りのコメントは労働党の国会議員から。

「驚き呆れている人」のGIFとしてよく使われるもの。この人が誰であるかということや、背景の米国旗などには意味はないです。

#BorisJohnson & now #Farage - help trash the country, then when it needs fixing, shrug and walk away.

「ジョンソンといい、ファラージといい、国をめちゃくちゃにするのを促進しておいて、修復が必要となると肩をすくめてどこかに行ってしまうとは」

Now farage is gone who's gonna fly the immigration flag

「ファラージがいなくなった今、悪いのは移民だーという旗を振るのは誰だろうか」

ブリテン・ファースト、ナショナル・フロントもいれば、保守党の党首候補のテレサ(テリーサ)・メイ内務大臣もいて、人材豊富ですけどね。

1 2 3 4 5 6 7 8