1. まとめトップ

お腹が凹むだけじゃない!効果いろいろ♪スローブレスダイエットのすすめ★

ロングブレスダイエットはまだ記憶に新しいと思いますが、今回お勧めするのはスローブレスダイエット!誰でもどこでも簡単にできます♪呼吸法で痩せやすい体質作りをしてみませんか?

更新日: 2016年07月08日

3 お気に入り 2888 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

スローブレスダイエットのやり方

1.息を吸えるところまで吸う
2.吸った息を、ゆっくりと10秒ほどかけて吐く
3.吐いた後、お腹を凹ませたまま10秒程キープして終了

ポイントは、「ゆっくり吐き出す」ことと「お腹を凹ませたまま10秒キープ」すること

これをやることで、お腹周りの筋肉を引き締めることにつながります

立った状態、座った状態、横になった状態など、やる体勢は特に指定がないので、テレビを見ながらでもOK

だから続けやすい!

@nyao2525nyao スローブレスとは腹式呼吸だよ簡単だよ( ⁼̴̀꒳⁼̴́ )ドヤッ✧

@splight_2 腹式呼吸の運動で有名なのが「スローブレス」といわれるものです。できるだけ長く息を吐きながら、お腹をへこませるという方法です。

スローブレスダイエットの効果

決行が良くなり、痩せやすくなる

深い呼吸は、体をリラックスさせる「副交感神経」に働きかけるようになります。これが血行を良くします。
血液の流れが良くなれば、体中に栄養が行き渡り、体全体の活動が活発になります。
つまり、筋肉、内臓、脳、小さいな細胞1つ1つが活発になることで、どんどんカロリーを消費しだすようになるんです。
いわゆる「基礎代謝」というのものをアップさせる効果があるんです!

脂肪が燃えやすくなる

脂肪が分解されるときは、体にエネルギーが必要になったときです。
そして、分解された脂肪をエネルギーとして燃やすのに、酸素が必要になります。
スローブレスダイエットは、独特の呼吸法でかなり多くの酸素を摂り入れることができます。
なので、たくさん摂り入れた酸素のおかげで、分解した脂肪が燃えやすくなるんです。

お腹周りがスッキリする

お腹周りにつく脂肪は、主に「内臓脂肪」といってとても減りやすい脂肪です。
やり方の最後にお腹を凹ませたままにすることがあります。
すると、お腹周りの腹筋やインナーマッスルを鍛えることができ、お腹周りの脂肪が落ちやすくなります。

ストレスに強くなる

血行促進の部分で説明した「副交感神経」が働いて、リラックスすることができます。
ストレスは、筋肉を減らしたり脂肪を溜め込みやすくしたりと、ダイエットにとってマイナス効果しか生みません。
そんなダイエットの天敵に対して強くなることで、太りづらくなれるんです。

肩こりなどの解消や疲労回復効果

深い呼吸をすることによって体の中に酸素を十分に取り込めるようになると、肩など全身の筋肉の緊張がなくなり、肩こりなどの解消につながります。
また、筋肉の動きが良くなるために、血行が良くなったり、リンパ腺の流れも良くなります。
このことによって毎日の疲労回復にもつながります。

美肌効果も・・・!

肌の状態とストレスには深い関係がありますが、呼吸を正しく行うと緊張がほぐれリラックスすることができます。
リラックスすることができると肌の状態が良くなりやすくなります。
とくに美肌で重要なのが睡眠で、リラックスできた状態で眠ることができると、正常にホルモンなどが分泌され、肌のターンオーバーもうまく行われます。
そのため、肌にできた吹き出物や、くすみがなくなり、肌にハリを取り戻すことができます。

ロングブレスダイエットとの違い

息の吸い方:スロー⇒限界まで吸う ロング⇒限界まで吸う
息の吐き方:スロー⇒ゆっくりと時間をかけて吐く ロング⇒力を入れて勢いよく吐く
吐いた後:スロー⇒お腹を凹ませた状態をキープ  ロング⇒何もなし
姿勢:スロー⇒何でもOK ロング⇒足を前後にズラす

腹式呼吸でダイエット♪ 腹式呼吸をすることで腹筋が鍛えられ結果的にダイエットになります♪ 中でも有名なのが「スローブレス」 できるだけ長く息を吐きながら、お腹をへこませる方法♪ 結構効きますよ♪

1