和睦の条件として、徳川家康は「大坂城の外堀」と「真田丸」の破壊をつきつけました。

「外堀」は大坂城を”無敵の要塞”と化している大きな要素の一つであり、それを失った大坂城は丸裸になることになりました。
さらに徳川軍を苦しめた真田丸をも失い、大坂城は戦う能力の多くを奪われてしまいました。

出典真田幸村の大舞台!「大坂夏の陣」で見せた最後の勇姿

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

【ヒストリア】大阪夏の陣で散った英雄・真田信繁の最期~日本一の兵(つわもの)~

三度に渡る徳川家康本陣への突撃。三方原の戦い以来倒れたことのない馬印が倒れるその猛攻に、徳川家康が何度も切腹を口走る。後日島津家久から「日ノ本(ひのもと)一の兵(つわもの)」と賛辞を贈られた男の中の男の最期に迫る。2016年大河ドラマ「真田丸」で描かれる武士の本懐が楽しみです!

このまとめを見る