1. まとめトップ

【2016年版】医療レーザー脱毛最新情報!医療レーザーマシーン情報もまとめて比較してみた

私は実際に、6回の全身脱毛(VIO含む)をエステ脱毛を更新も含めて2年半以上やりました。その後医療レーザー脱毛に切り替えた経験がありますが、それを踏まえて「やっぱり医療レーザー脱毛を最初からやっていたほうが費用も時間も削減できたな」と思ってます。で!まとめてみました。

更新日: 2016年08月02日

km19880104さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
2 お気に入り 4160 view
お気に入り追加

医療レーザー脱毛とエステ脱毛の違い

この比較だけをみても医療レーザー脱毛の方が短期間で効果高く脱毛ができて、安全性が高いことも伝わると思います。
私は実際に、6回×2セット(2年半とか)の全身脱毛(VIOを含む)をエステ脱毛で契約をして、その後医療レーザー脱毛に切り替えた経験がありますが、その経験を踏まえて、やっぱり医療レーザー脱毛を最初からやっていたほうが費用も時間も削減できたなと思っています。
その時は毛が減って生えてくるのが遅くなったかなー。と思っていてもしばらくすると生えてきちゃいましたし。

ただエステ脱毛にも良いところはあります。
例えば、脇だけとか部分的な部位であれば破格で施術を受けられること!
あとは複数店舗を保有しているところが多いから通いやすいとか。
※まぁ価格競争をしすぎて、広告も打ちまくって、倒産?した会社もありましたし、結局予約取れないとかっていうのは、脱毛サロンに通ったことがある人なら「わかる、わかる」ってお話しだと思いますけどね…

医療レーザー脱毛の中にも違いがある

では医療レーザー脱毛を提供するクリニックごとに何か違いがあるのでしょうか。考えられるのは下記の項目です。

・施術をしてくれる人
 →基本的には看護師です。医師がやっているケースはあまり聞かないです。
  看護師だからといって何か問題があるわけではないでしょう。

・施術者の経験は豊富なのか
 →看護師が施術してくることはいいですが、慣れている人なのかどうなのかは
  チェック項目に加えてもいいと思います。

・丁寧な施術なのか
 →慣れている看護師でも(だからこそ?)施術が適当になって、打ち漏れなど
  発生する可能性がありますので、丁寧さは重要です。

・マシーン
 →いろんなマシーンがありますから後ほど詳細ご説明します。

・ドクターのカウンセリングがあるか
 →クリニックによっては脱毛は看護師のみで完結させてしまうことも。
  経験豊富な看護師ならまだいいですが、レーザーの強さなどドクターの専門的な
  知見で判断してもらうほうがより良いです。

・アフターケアが充実しているか
→万が一やけどしてしまったとき薬を無償提供してくるとか?
 その後のフォローをちゃんとしてくれるかとか、とっても重要です。
 あとレーザー脱毛後はニキビなどの肌荒れもありますから、そのような施術が出たときの
 対処をちゃんとしてくるところかは違いが生まれますね。

・価格
→価格はクリニックによって大きく異なりますので大きな比重を占める検討項目の1つです。
 キャンペーンなど実施するタイミングもありますから、常に情報収集することが重要です。

医療レーザーマシーン比較

ライトシェア・デュエットは、他の医療脱毛器よりも低い出力で高い脱毛効果を出すことが可能です。それによって、肌へのダメージが少なく、照射時の冷却ジェルやクールダウンの冷却ローションの必要がありません。また、他の医療脱毛機よりも施術の時間が早いので、クリニックはコストを抑えて施術することが可能です。なので、他の医療脱毛機をメインに使っているクリニックより、安く施術を受けることができます。

痛みが少なくある程度の産毛まで対応可能です。現在よく使用されているレーザー。 アレキサンドライトレーザーより痛くありません。サイノシェア社、ルミナス社などの機械がある。アリシアクリニックの全身脱毛はライトシェアデュエットでの脱毛。ライトシェアデュエットはハンドピースが大きいものも取り付け可能。
家庭用脱毛機のトリアやトリアプレシジョンもこのダイオードーレーザー。

1997年以来日本に導入され広く使われていたレーザー。
ダイオードレーザーより痛みを強く感るといわれています。焼却装置がついているためジェルの塗布が必要ありません。そのため施術はかなりスピーディー。 ロングパルスなどもあり、キャンデラ社のものが日本では一番シェアがある。湘南美容外科はキャンデラ社のジェントルレーズ。アレキサンドライトレーザーを使用。

男性の脱毛に最適な肌の色などを選ばないレーザー。光がアレキやダイオードーよりも深くまで届くのが特徴なので男性のヒゲにもよく使われます。 地黒の人も脱毛できるのが特徴。
写真はキュテラ社の複合機XEO(ゼオ)ロングパルスヤグレーザーは脱毛だけではなく、毛細血管拡張症などの治療にも用いられます。レーザーフェイシャルも行えるので、ハンドピースさえ変えればさまざまな治療ができる複合機。

アレキサンドライトとヤグレーザー(755nmと1064nm波長)両方が搭載されている
アメリカFDA(米国食品医療品局)で有効性と安全性が承認されいる
あらゆるお肌・毛質に適している。お肌の黒い方、男性の根深いヒゲにも
脱毛だけでなく、お肌の引き締め、血管治療にも役立っている

「メディオスターNeXT PRO」とは、ダイオードレーザーで肌の上を滑らすように脱毛するので、肌質・毛質を問わず、産毛にもしっかり照射できる最先端脱毛機です。
従来ほとんどのレーザー脱毛器は、毛根を完全に破壊することを目的に作られてきました。最近の育毛研究から導かれた新しい理論では、毛の幹細胞は毛根よりも浅いところにある「バルジ領域」と呼ばれる部分に存在することが分かってきており、毛根を破壊しなくてもバルジ領域を破壊できれば永久脱毛効果が得られることを意味します。

マシーンの特性を理解してクリニックを選ぼう

紹介したように医療脱毛といってもたくさんのマシーンがあり、
・痛みが少ないもの
・皮膚の深い部分までレーザーが届きやすいもの
・価格設定が抑えられるもの
など…

初めて医療レーザー脱毛をするなら、価格が抑えられて 実績の高いライトシェア・ デュエットを使用しているクリニックでまずは安価に契約してみるのがおすすめだと思います。
新しいマシーンはまだ効果が安定していなかったりもするみたいです。

医療レーザー脱毛を受けられる代表的なクリニック

1 2





km19880104さん