1. まとめトップ

【京都】三十三間堂エリア観光モデルコース

東山七条エリアの有名観光地を集めた観光プランを作りました。東山七条一帯では4月の桜、12月の紅葉がベストシーズンです。智積院では5月中旬から6月のツツジとあじさい、桔梗などの季節の花が楽しめます。清水一芳園では京都唯一のエスプーマかき氷が食べられます。

更新日: 2017年12月23日

11 お気に入り 36632 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

mamehinaさん

<アクセス>
市バス100・206・207・208系統「博物館三十三間堂前」「東山七条」下車
京阪「七条駅」徒歩7分

10:30 三十三間堂

もとは後白河天皇の離宮「蓮華王院」である。
本堂の柱の間数が33あるので三十三間堂と呼ばれるようになった。天台宗の寺院。

本尊である「千手観音座像」(国宝)とその両側500体の千手観音立像、あわせて1001体の千手観音像、風神雷神像などが安置されている。

自分が会いたい顔の千手観音が、1001体の中にきっといるという噂!?

毎年1月中旬に江戸時代から伝わる「通し矢」・「楊枝のお加持」が行われる。無料公開もされ、境内も露店で賑わう。

おみやげ① 頭痛封じの御守り

頭痛に悩まされていた後白河上皇が、頭痛平癒を祈って建立されたのが三十三間堂です。
頭痛でお悩みの方には朗報ですね。

3月3日・女性限定の御守り。
桃の節句にちなんでとても可愛らしい♡
限定と言われると欲しくなる・・・。

当日は三十三間堂の春桃会(もものほうえ)では境内が無料開放されます。慶祝行事として10時~献華法要、13時~青空説法。
3月3日限定、女性のための「花咲きおみくじ」や雛うどんなど食事もある。

11:30 IL PAPPLARDOでピザランチ♪

豊国表参道(女坂)を上ってすぐのところにあります。

薪窯で焼くナポリピッツァと季節の食材を使ったお料理が自慢のお店。
ビブグルマン獲得店。

【Pranzo A】1,800円(税込)
野菜サラダ、ピザまたはパスタから一品、珈琲または紅茶
【Pranzo B】2,800円(税込)
前菜盛り合わせ、ピザまたはパスタから一品、ドルチェ、珈琲または紅茶

土日は長蛇の列になります。予約がおすすめです!

13:00 智積院

レストランから歩いて数分♪

真言宗智山派の総本山である。

桃山時代に長谷川等伯らによって描かれ、祥雲禅寺の客殿を飾っていた金碧障壁画が智積院には残されています。
「楓図」「桜図」「松と葵の図」「松に秋草図」等は国宝に指定されています。

こちらの写真はレプリカです。

「利休好みの庭」と伝えられるこの庭園は、豊臣秀吉公が建立した祥雲禅寺(しょううんぜんじ・智積院の前身のお寺)時代に原形が造られました。

築山・泉水庭の先駆をなした貴重な遺産といわれ、中国の盧山をかたどって土地の高低を利用して築山を造り、その前面に池を掘るとともに、山の中腹や山裾に石組みを配して変化を付けています。

5月中旬のツツジが見事。

6月のあじさいの穴場スポットでもあります。

講堂内の田渕俊夫画伯の襖絵も圧巻です!

14:00 話題のエスプーマかき氷を食す!

智積院の真正面にあるお店です。夏場はちょっと並ぶかも・・・。

茶問屋直営のカフェ。
かき氷用にブレンドした高級抹茶を阿波和三盆糖蜜と合わせてエスプーマしています。
特濃の抹茶の香りをふわふわムースで、天然氷と楽しめる一品。

エスプーマかき氷「亀」抹茶・「鶴」マンゴーの他、名物「清水パフェ」などの抹茶スイーツやお食事もあります☆

おみやげ② 清水一芳園のフィナンシェ

抹茶、ほうじ茶、和三盆の3種類。
常温で2週間程もつフィナンシェはお土産に最適。

他、プレミアム抹茶ロールケーキ霞的や茶葉もおすすめです!

15:30 妙法院

天台宗の門跡寺院。豊臣秀吉の造営。
大玄関、大書院(重文)は狩野派の障壁画で飾る。

通常非公開であるが、
五月会 5月14日(無料開放)
春季、秋季特別公開がある。

境内は自由に散策できる。

出典ameblo.jp

春の桜、秋の紅葉の時期の散策はおすすめです。

16:00 東山七条観光終了

1 2