1. まとめトップ
  2. カラダ

辛いものってどうなの?知っておきたい、辛さの種類で分かること

暑くなってくると、なぜか食べたくなる辛いもの。辛いものは、食べると痩せるなんて話もよく聞きますよね。でも、辛さの種類によっても違うようです。

更新日: 2017年03月14日

lulu0803さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
164 お気に入り 71793 view
お気に入り追加

▼「辛いものを食べると痩せる」って聞いたことありませんか?

暑くなってくると、なぜか食べたくなる辛いもの。
辛いものは、食べると痩せるなんて話もありますよね。辛いものが好きな人には一石二鳥かも♪

韓国料理に中華料理など、スパイシーだったり辛いものを食べると、汗もかくし体温が上がったような気がするもの。

▼ならば…頑張って食べるよー!

辛いもの食べると痩せるって聞いたからとにかくなんでも唐辛子かけて食べてる

痩せる為にあえて辛い物 食べる辺り僕女子力高い気がする

今の自分かなり痩せようって頑張ってる思う!辛いもの食べて痩せるぜ

▼辛いものには、身体を温める効果があるのは確か!

▼一般的に「辛いもの」ってどういうの?何を指すの?

ピリピリする辛さは「辣」、痺れるような辛さは「麻」。カレーの辛さは「スパイス」とも言われたり、一口に「辛味」と言ってもツンと来るものからピリピリ、痺れるものなど種類は様々あります。

辛味は、味を分類する概念のひとつ。日本語ではトウガラシ・ワサビ・ショウガ・サンショウなどに代表される刺激的な味を辛味と表現

世界各地で利用されている香辛料はおよそ350種類。その中でからみのあるモノは約20種類で、唐辛子、コショウ、山椒、しょうがなど、日本でもお馴染みのモノも含まれている。

▼辛さの種類って考えたことある?

①「辣」の唐辛子。

②「香辛料」の山椒。

手軽な使い方として、ポン酢や刺身醤油の薬味に使ったり、サラダにかけたりなどが挙げられるが、サラダに使う時はアマニ油やサラダ油、グレープシードオイルのような酸味の強くないものと合わせる

③「薬味」の生姜。

④「スパイス」のクミン。

1 2





lulu0803さん