1. まとめトップ
  2. 暮らし・アイデア
278 お気に入り 62373 view
お気に入り追加

部屋の片付けが面倒…

部屋の片付けしなきゃなのについついだらけてしまった

部屋の片付けしたいっていいつつ全くしないから、誰か手伝いに来てほしい

部屋が散らかってるだけでストレスになる

仕事から帰ってきて、何にいちばんイライラさせられるか......。私にとっては、散らかった部屋に戻ってくることが最大のストレスです。

汚い部屋は、目に飛び込んでくる情報量が非常に多いため、脳が疲れてトレスを感じてしまうようです。

汚部屋とまでは行かなくても、いつもなんとなく部屋が散らかっている人がいます。こういう人は、きれいな部屋の持ち主とはちょっと違う習慣を持っています。

▼不要品を処分!まずは物を減らす

片付けはまず「捨てる」ことから始めます。でもそれがなかなかものが捨てられなくて、散らかってしまうというパターンに陥りがちです。

本当に片づけられない理由を言えば、ただひとつです。それは、捨てるべき物が、自分の中でハッキリしていないから。
もし、捨てるべき物を知って実行できていれば、今頃はシンプルで綺麗な部屋になっているのではないでしょうか。

▼理想の部屋をイメージする

「こんなおしゃれな部屋にしたい!」「こんな収納法があるのね!」「こうすると片付けやすい」など、片付けた後も散らかりにくい家具の配置も考えるとキレイな状態を維持しやすくなります。

オシャレで居心地のいい部屋をつくるために、あらかじめ自分の好きな部屋のテイストを決めましょう。

同じテイストの家具をそろえることで自然と統一感が出て、すっきりした空間を演出できます。

▼使ったものは、すぐ元の場所へ戻す

“使ったらすぐ戻す”が鉄則!面倒だからと後回しにするのはNG。「まとめて後で」と言っても結局やらないまま、嫌になるだけです。

それぞれのものには必ずポジションを与えてあげなければいけません。つまり収納場所を固定するということです。
収納場所を固定したら指定したもの以外は置かないと決めます。

▼床に物を置かない

床にものを置かないようになると、単純に部屋が広く、美しく見えるだけでなく、ホコリの蓄積も少なくなります。

玄関や廊下のような共有スペースにものを置いてしまうと、どうしても片付けが後回しになってしまいます。

床に直接、箱などを置いてしまうと、それをいちいち動かさないといけません。
モノを動かさないで掃除をしてしまうと、箱の周りの埃やゴミが取りにくくなり、いつの間にかゴミが溜まってしまう状態になってしまいます。

▼毎日、少しだけ整理する

小さな範囲でいいので、1日に1か所だけ整理することを習慣にしてみましょう。

整理収納にもっとも大切なのは「少しずつ」「毎日行う」ことです。
一度に頑張る必要はないんだ、とリラックスした気持ちで、ちょっとした新しい習慣を暮らしに取り入れてみましょう。

▼片付けられる心の余裕を作る

1 2





metalStoneさん



  • 話題の動画をまとめよう