1. まとめトップ

飽和脂肪酸とり過ぎは死亡リスクが8%高まる!

飽和脂肪酸の取り過ぎは死亡リスクが8%も高まるという米ハーバード大学ワン・ドン(Dong Wang)氏が発表された。マーガリンなどのトランス脂肪酸は使用を規制する国が増えていることでも、健康に何らかの影響があることは明らかでしょう。

更新日: 2016年07月07日

2 お気に入り 12564 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

a1oさん

30年間に及ぶ研究

飽和脂肪酸を多く含む食品 バター、ラード、ショートニング、ココナッツオイル(やし油)、パーム油、パーム核油、脂身の多い肉(ばら肉、鶏皮、牛テール、牛タンなど)、ベーコン、ソーセージ、チーズ、ココナッツミルク

バター、ラード、赤身肉などに含まれる飽和脂肪酸が、早死リスクを上昇させることを確認した

健康に及ぼす影響に関しては、半硬化油製品であるマーガリンなどに含まれるトランス脂肪酸が最も深刻だった。

飽和脂肪酸死亡リスク8%

飽和脂肪酸については、摂取量が5%増加することに、死亡リスクが8%高まるという関連性がみられた。

合計13万人近くの被験者を対象とする2つの大規模な研究データをハーバード公衆衛生大学院の研究者が調べたところ、肉やバターなどに多く含まれる飽和脂肪酸を5%だけ他の栄養素に切り替えると、心筋梗塞などのリスクが下がる

トランス脂肪酸早死リスク16%

トランス脂肪酸の摂取量が2%増加することに、早死リスクが16%高まることと関連していることが明らかになった

マーガリンの危険性はよく言われているが、バターもチーズも飽和脂肪が多く含まれているので取り過ぎには注意したほうがいいですね。

飽和脂肪酸とは

脂質の材料で、エネルギー源として大切な脂肪酸です。

飽和脂肪酸は体内で固まりやすく、血液の粘度を高めて流れにくくします。

摂りすぎは、動脈硬化、心筋梗塞や脳梗塞などの生活習慣病につながります。

飽和脂肪酸が不足すると

血管がもろくなる、脳出血など

飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸をバランス良く食べるのがいいようです。

飽和脂肪酸を摂りすぎると

肥満、動脈硬化、心筋梗塞、脳梗塞など

食べ過ぎ取り過ぎは何より注意です。

不飽和脂肪酸の摂取で死亡率を11~19%低下

不飽和脂肪酸を多く含む食品 オリーブ油、なたね油、マカダミア油、落花生油、オレイン酸高配合の食用油、マカダミアナッツ

同量のカロリーを炭水化物から摂取するのに比べて、全体の死亡率を11~19%の範囲で低下させる

厚生労働省では、揚げ物や脂肪食の過度の摂取は控え、バランスの良い食生活を推奨している。

美肌も健康も「食」からです。 当店でも取り扱っています、オリーブオイル、米油、ごま油、えごま油をやっぱりオススメします!!

日本と欧米では、食生活が根本的に違う

日本の食事の仕方と欧米の食事の違いがあるので、100%あてはまるとは言えない。

しかし、なんでも偏った食事はカラダに悪いことは言うまでもない。

その代わりにメインディッシュ+サイドディッシュという考え方が出てきます。メインディッシュは肉か魚などです。サイドディッシュはフライドポテトだったり、野菜の煮っ転がしだったり。お米もサイドディッシュに分類されます。

生活習慣も要注意

ストレスが慢性化した人は心身に不調をきたし、あらゆる器官において悪影響が生じてきます。

1 2