合計13万人近くの被験者を対象とする2つの大規模な研究データをハーバード公衆衛生大学院の研究者が調べたところ、肉やバターなどに多く含まれる飽和脂肪酸を5%だけ他の栄養素に切り替えると、心筋梗塞などのリスクが下がる

出典アラフォー女性の死因3位「心臓病リスク」をどんどん高める7つの悪習慣 | マイナビニュース

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

飽和脂肪酸とり過ぎは死亡リスクが8%高まる!

飽和脂肪酸の取り過ぎは死亡リスクが8%も高まるという米ハーバード大学ワン・ドン(Dong Wang)氏が発表された。マーガリンなどのトランス脂肪酸は使用を規制する国が増えていることでも、健康に何らかの影響があることは明らかでしょう。

このまとめを見る