1. まとめトップ
  2. 雑学

飲む以外にも使える、一風変わった母乳利用法

飲む・食べるはまだわかる。なぜそれ以外で研究しちゃったのか。

更新日: 2016年07月07日

tozainanbokuさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
18 お気に入り 26067 view
お気に入り追加

母乳はいろんな成分が含まれています

お母さんは、赤ちゃんに母乳を与える (授乳) によって、お母さん自身が獲得した免疫物質を赤ちゃんに受渡すという、次の世代をより健康で安全に繁栄させるための重要な役割をも果たしているのです。

蛋白質、脂肪、乳糖、ビタミン、鉄分、ミネラル、水分、酵素など、健やかな成長と発達に必要な物が必要な量だけ含まれています。

母乳には、腸の中で増殖し胃腸の感染や下痢を引き起こす、有害なバクテリアから守ってくれる物質が含まれています。

母乳育児で育った赤ちゃんは、耳や呼吸器の感染を起こすことが少なく、アレルギーや小児ガン、小児糖尿病、過度の肥満にもなりにくいことがわかっています。

たくさん有用な働きがあります。

母乳利用法1 医療行為

母乳には、特に医薬品としての利用等、様々な用途がある。母乳は、数千年前から医薬用に使われてきた。母乳は強い抗体や抗毒素を含み、治療や健康にとって有益であると信じられてきた。

目薬がまだなかった時代、目やにが出たら母乳を使用していたという歴史もあるのです。

おばあちゃん世代に聞いてみると、思い出してくれるかもしれません。それくらい最近まで使われていた方法です。

※民間療法です

寝不足だしPC画面でちっさい文字ずっと見てたら目がぱっさぱさなんで母乳目薬したい… 二度、目に優しい感ある…

母乳とココナッツオイルを混ぜたものをひと塗りすれば、双方に含まれているラウリン酸という成分がニキビをキレイに治してくれるらしい。

※民間療法です
母乳が効くかは母乳の質次第?

刺されて痛いところ、かゆいところに直接塗って、自然乾燥させます。

母乳を傷に塗って、自然乾燥させます。

ツタウルシやオークなどの植物による痛みを和らげる効果があると言われている。緊急時に母乳がすぐ用意できるかは微妙だが、一時的な治療薬として使えることを覚えておきたい。

そのほかにも、ウイルス性胃腸炎、インフルエンザ、風邪、肺炎等などにかかった人に飲ませると免疫力が上がる効果があるとか

母乳利用法2 飲食物

奇妙なアイスを販売しているのは、イギリス・ロンドンの『ICECREAMISTS』。ショッピングモールのなかに店舗があり、そこで食べることができる。持ち帰りも可能だが、テーブル席で食べることも可能(要チップ)。

牛や大豆のタンパク質より人のタンパク質の方が吸収早くて良さそうではある。

ボディビルダー達は、母乳を飲むことはより早く筋肉量をアップさせる究極の方法だと信じて、オンラインで購入した多量の母乳を飲んでいるとのこと。

1 2





東西南北と申します。Twitterで話題の情報、アート、健康、ネットニュースなどまとめます。