1. まとめトップ

【サンローラン】アンソニーバカレロとは一体どんな人物?【エディ・スリマン後任】

2017年春夏コレクションから「サンローラン(SAINT LAURENT)」の新クリエイティブ・ディレクターに正式に起用となったアンソニー・ヴァカレロ(Anthony Vaccarello)。彼が一体どんな人物なのかを徹底解説。

更新日: 2016年07月12日

1 お気に入り 22144 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

TEAM_NSPCさん

アンソニー・ヴァカレロの経歴

1982年、ベルギー(ブリュッセル)生まれ。
両親はイタリア人。

衣服を再構築したかのような作り・アートのようなデザインが特徴。

1. 生まれと幼少期の影響
アンソニー・ヴァカレロ(ANTHONY VACCARELLO)は1982年、イタリア人の両親のもとにブリュッセルで生まれた。ヴァカレロは、5歳のときに祖父母の家があるイタリアのシチリア島でヴェルサーチ(VERSACE)のショー見たことを鮮明に覚えているという。それ以来、ヴェルサーチのブランドとその美学に影響を受け、女性のボディーラインの美しさに惹きつけられていったのだとか。

2. 学生時代
創造的というよりも学術的な道を歩んできたヴァカレロは、学生時代の1年間を法律学校で過ごしている。その後、新しいものを生み出すことに魅せられ、ブリュッセルのヴィジュアルアーツ学校の名門、La Cambreに入学し、彫刻の勉強を始めた。

3. ファッション界でのキャリア
ヴァカレロは、2006年に南仏のファッションコンテスト「Hyeres International Festival of Fashion and Photography」で優勝する。そこでカール・ラガーフェルドの目に留まり、フェンディ(FENDI)で経験を積んだ。

2008年、パートナーのArnaud Michauxとともにパリに拠点を移し、自身のブランド、アンソニー・ヴァカレロをスタート。

2011年にパリで、ファッションウィークデビューを果たした。

その後、2013年には、ドナテッラ・ヴェルサーチとヴェスサス・ヴェルサーチでコラボレートをした。

フェンディ⇒(自身のブランド)⇒ヴェスサス・ヴェルサーチ⇒サンローランという流れ。
幼少期憧れだったブランドに携われるなんて、何だかドラマチックですね。

ヴァカレロの美学

モデルはブラジル出身のIzabel Goulart(イザベル・グラール)

モデルはポーランド出身のAnja Rubik(アンジャ・ルービック)

ヘルムート・ニュートンやハーブ・リッツが写真に映したように、
ヴァカレロもまた女性のボディーラインからインスピレーションを受けている。
彼のドレスにはカットやスラッシュが入っており、
「どうやってできているの?」という考えさせられる作りだ。
しかし、それと同時に「着てみたい」と思う衝動にかられる服でもある。
彼の完璧なテーラリングによって作られたヒップが強調されたシルクドレスは、
大きなニュースにはならないかもしれないが、
オールドスクールなYSLファンの心をがっちりと掴むに違いない。

ヴェスサス・ヴェルサーチ時代のコレクション

自身のブランド"Anthony Vaccarello" 2008-

現段階ではレディースのみ展開。

エディ・スリマンの後任となった"SAINT LAURENT PARIS" 2017ss-

新生サンローランのイメージ動画。
アンソニーの世界観が伝わってきます。

model:Agnes / Theo
photographer:Collier Schorr

1 2