1. まとめトップ

「広瀬すず」もいいけど…和歌山の18選挙ポスターがエロかっこいい

はじめて迎える18歳の選挙に各地で思考を凝らしたポスターが話題になっています。総務省の啓発ポスターは人気タレントの「広瀬すず」さんですが、和歌山のポスターも話題です。

更新日: 2016年07月07日

1 お気に入り 4474 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

選挙権年齢が18歳以上に引き下げられポスターが話題に

ポスターやホームページなどで掲載され、広瀬と同世代の若者たちに選挙の大切さを訴求する。

今回から選挙権年齢が満18歳以上に引き下げられ、若者の動向に注目が集まっている。

広瀬は、投票日の10日は仕事の都合で行けないといい、「先ほど期日前投票をさせていただいた」と報告。

各地域でも、啓発ポスターが発表されました。

最優秀賞に選ばれた大河原さんの作品は「あなたの一票で未来を作ろう」。ポスター中央に日本列島と投票箱をデザインし、周囲から伸びる老若男女の手

「18歳選挙権」が注目される中、若者の選挙への関心を高めようと、動画やグッズも含め、しゃれっ気たっぷり。ポスターはピンク色を基調としたデザイン。

そんな中で、チョットエロいと話題のポスターが登場!

「和歌山リア10プロジェクト」は公式サイトにて「10代の投票率が高くなれば、和歌山の若者のリアルを充実させる政策が、きっと生まれる」と啓発。

投票啓発のポスター約40種類を作製、公開した。誰でも自由に印刷して使えるようにテンプレートを作成し、利用を呼び掛けている。

ポスターは全37種。《和歌山ラーメンみたく、ドロドロの政治家が選ばれないように》《告白できなかったセンパイが、7月10日に来るかも》

ネット上で拡散されることを狙って制作。メンバーであるコピーライターやデザイナーが考えたものの中から、クスッと笑えるものや、読んでなるほどと納得できるものなどを選んだそうです。

プロジェクト発起人で和歌山大3年の小幡和輝さん(21)は「少しでも選挙に行きやすい雰囲気を作れたら」と話している。

ムラムラしている10代にウケるようにつくられたもの。たしかにヒト夏の思い出を選挙でつくっちゃってもいいかもしれませんね。

このニュースはネットでも話題になっています。

気持ちは分かるけど、こういうのをやり玉に上げてる時期じゃないんじゃないの。他に議論すること、考えることあるでしょ。遊び心だって笑い飛ばせるユーモアを。 news.livedoor.com/lite/topics_de…

和歌山の選挙ポスター。 キャッチコピー「初体験は、18の夏がいい。」に対して、「女性蔑視」と非難の声。 なにがや…そんな自意識高すぎる女は誰ですか。 初体験って言葉は男女共通でしょ。 ユニークでいいと思います、私は。 pic.twitter.com/PraRUHpcKW

1 2