1. まとめトップ

今起きてる環境問題、あなたはいったいいくつ言える?

2010年1月からスタートした「チャレンジ25キャンペーン」の運動により、エコ活動が積極的に始まってから早6年。あなたはいったい、いくつの環境問題の現状を理解しているのでしょうか?今一度、確認してみませんか?

更新日: 2017年08月31日

21 お気に入り 415857 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

20140820さん

そもそも、環境問題ってなに?

人類の活動に由来する周囲の環境の変化により発生した問題の総称であり、これは、地球のほかにも宇宙まで及んでいる問題である。

環境問題は、私達が生活していく上で生じる環境への悪影響の総称であり、これは森林などに及ぶものだけでなく、環境の中で過ごす私達自身にも生じる問題でもあるのです。
つまり、他人事で済ますことが出来ない問題です。

環境問題、いったいいくつあるの?

二酸化炭素の増加・大気汚染・水質汚染・オゾン層の破壊、、、等、聞いたことのある問題から馴染みのない問題まで、あなたはいくつの環境問題を知っていますか?

13種類の環境問題

実は大まかに分けて13種類という多くの問題を私たちは抱えています。
「地球温暖化」、この言葉に関連して起こる問題も多くあれば、地球温暖化に影響せずとも、環境に悪影響を及ぼしている問題も多くあるのです。

「環境問題を考えさせられる17ものすごい写真」より

まず始めに、一番聞き覚えのある問題から見ていきましょう。

地球温暖化

人間の活動から主に放出される、二酸化炭素をはじめとする「温室効果ガス」。こういった気体による大気温度の変動のことです。
地球はもともと生物が住めないような氷点下の大気を持ちます。しかし、太陽が地球を照らすことで地球の大気が温められ、生命が活動できる温度を維持ています。そして、その温度維持に関係しているのが「温室効果ガス」であり、太陽から放射される太陽光を、温室効果ガスが吸収し、地球を温めることで、私たちが過ごせる大気の温度となっています。しかし、この温室効果ガスの量が増えると、その分地球の温度が上昇します。
つまり、温室効果ガスの排出量が増えるほど、地球の温度が上昇し、「地球温暖化」と呼ばれる現象へ繋がるのです。

異常気象

“地球の温暖化は、今後数年間、猛暑などの異常気象を頻繁に引き起こす”と警告。

最近「春や秋を感じない」と考える人も多いのではないでしょうか。
世界全体的に竜巻が起こる頻度が増えたり、洪水や記録的な寒波など、例年と異なりを感じる現象は、地球温暖化による影響が大きいものではないかと考えられています。
こうした現象は地球の誕生から考えると、今までの流れに沿ったものであると考える文献も多くありますが、実際はその流れと同様に進行しているのではなく、頻度が極端に多かったり、上昇率が高かったり等、明らかに異常として考えられる現象が多いのです。

オゾン層の破壊

オゾン層は太陽から地球へと放射される有害紫外線を吸収し、陸上の生物を紫外線による悪影響から保護する、いわゆるバリアのような空気の層です。
そして、このバリアを人工的に作られた物質「フロン」により、破壊されているという問題が「オゾン層の破壊」と呼ばれるものです。
フロンは冷蔵庫やエアコン、ジュース自販機などの冷媒、半導体の洗浄剤、スプレーのエアロゾル、断熱材(発泡ウレタン等)の発泡剤等に使用され、2011年4月には北極で最大80%のオゾンが失われたとされています。

海面上昇

海面上昇は陸上の氷河・氷床に貯蔵されていた氷が融解して海に流れ込み、海水の量が増えることや、水温が高くなって海水の体積が膨張することによって起こります。そして海水面が上昇した場合、従来なら防げたはずの高潮を防げなくなる恐れがあり、高潮による浸水の影響が予測されています。実際、AOSISから影響を受ける地域の報告がなされています。

生物種の絶滅

この問題はいろいろな問題と関連しています。それは、動物の羽根が美しいから、肉がおいしいから、形が珍しいからという人間の私欲による理由で乱獲され、絶滅の危機に陥る種もいれば、地球の温暖化による海水温の上昇や、森林伐採や森林火災による、生息環境域の変化により絶滅危惧種に指定されている種もおり、様々な点から悪影響を受けています。

水質汚染

生活排水や工場排水などが海や河川に流出することにより起こる問題の総称です。
植物プランクトンが異常に増殖することで起こる赤潮や、サンゴの白化、また産業の発展に伴って生じた水質汚濁による海洋生物や人体への影響が含まれます。

1 2