1. まとめトップ
  2. カラダ

女なのに・・・突然口元から太いヒゲが生えてくる原因ってなんなの?

女性なのにも関わらず、ある日突然男性のような太いヒゲが生えてくる!という話をよく聞きます。その原因についてご紹介します。

更新日: 2016年07月08日

PINKMOMOさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
45 お気に入り 76060 view
お気に入り追加

女なのに突然太いヒゲが!!

芸人の光浦靖子や森三中の黒沢かずこが、テレビのインタビューで『(30歳を過ぎて)ホルモンバランスが崩れて、ヒゲが生えてきた』と答えていた

ちょうど30歳になった頃でしょうか。もともと毛深い方だと思うのですが、口の切れ端のあたりに産毛とはいえない太~い毛が生えてきたんですよ。もう、成人男性のような太さで・・・

私、女なのにひげが生えるんです。20歳前後までは生えてなかったのですが、2,3年前の23歳くらいから、太いヒゲが一本アゴから生えてくるようになりました。

結構、男子は気になってるみたい

男子はあなたのうぶ毛を、実はしっかり見ているんですよ。男性にアンケートを取ったところ、女子の「ヒゲが気になる」という人は46%! 約半数の男子が、女子の顔のうぶ毛を見ている

女性自身も「ヒゲなんてはえるわけないし」と油断していると、結構目立つヒゲが放置されて、男性に発見されている可能性が。

太いヒゲの原因となっているのが男性ホルモン

男性ホルモンというとムキムキの男性を思い浮かべますが・・・。

「確かに『ヒゲが生えてきた』という女性はいますね。これは、男性ホルモンによって起こることです。

「エストロゲン」「プロゲステロン」という2種類の女性ホルモンが減少し、男性ホルモンが増加することにより、体毛が濃くなってしまう

男性ホルモンが増えるのではなく、女性ホルモンが減少することによって相対的に男性ホルモンの割合が増えるのが要因

特に中年以降の女性は、男性ホルモンが突出して増えるのではなく、女性ホルモンが減ることにより、相対的に男性ホルモンの割合が増えることによってヒゲが生えやすくなります。

女性にも、もともと男性ホルモンは分泌されているのですが、女性ホルモンが減ると、男性ホルモン自体は減らないため、相対的に男性ホルモンの割合が多くなります

普段なら動きを見せない男性ホルモンは、女性ホルモンが減少すると活動を始めます。基本的には20代から30代までは女性ホルモンが乱れることは無いと言われていますが、女性ホルモンが減少すれば体が男性化してしまう

多嚢胞性卵巣症候群という病気が原因のことも

多嚢胞性卵巣症候群は卵巣の中に卵胞が多くでき、排卵が起こりにくくなる病態で、血液中の男性ホルモンが増加。多毛やにきび、低音声などの男性的な徴候が見られるようになる

多嚢胞性卵巣症候群では、脳から出て卵巣に作用するLHが異常に分泌し、FSHとの分泌量のバランスに乱れが生じ、男性ホルモン(テストステロン)値が正常より多くなる

そのため血中の男性ホルモンの値も高くなり、その影響がさまざまな症状として現れます。代表的なものが、スネ毛などの体毛が濃くなるというもの。人によっては、ヒゲが生える場合もあります

多嚢胞性卵巣症候群は、インスリンの代謝異常とも関係があるという説があります。インスリンには血糖値をコントロールする働きがあるため、インスリンがうまく働かない場合、血糖値が高くなったり肥満になったりする

多嚢胞性卵巣症候群の原因と対処法

PCOの原因には様々な説があり、未だにはっきりとは解明はされていません。しかし現在のところは内分泌異常、あるいは糖代謝の異常などが考えられています

1 2





PINKMOMOさん

色々なことに興味があります。自分が興味を持ったことをその日の気分でまとめていきたいと思います。

このまとめに参加する