1. まとめトップ

ハードボイルドな男の漫画集

男に生まれたからには一度はハードボイルドってやつに憧れますよね。タバコをふかして真っ黒なサングラスをして、やる時はやる・・・そんな男に。今回はそんな男たちの登場するハードボイルドな漫画を集めてみました!!無料で試し読みできるURLがある漫画にはリンクを入れているのでぜひ見てみてください!

更新日: 2016年07月12日

6 お気に入り 17655 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

nekobutaさん

ちょっとHだけどヤルときはヤル男!!

CITY HUNTER

作者:北条司
巻数:全35巻(完結済み)
題材:始末屋

駅の伝言板に「XYZ」と書けばある男がやってきます。そう、始末屋「冴羽 獠」が。

女好きではあるが、始末屋としての腕は超一流。そんな冴羽 獠が悪に立ち向かうストーリーです。

ハードボイルド色強めのシティーハンターが読みたかったらやっぱり1巻がベスト。

シティーハンターを初めて読んだときは世の中の漫画事情なんぞ微塵も知らなかったので、やっべえ名作見つけたわって泣きながら思って、アニソン事情も知らなかったから『愛よ消えないで』『Get Wild』好きすぎて頭おかしくなってたが蓋を開けるとみんな作品も曲の存在も知ってて超冷静になった

これが任侠ぞ!!

主人公である「大紋寺龍伍」は赤竜流(せきりゅう)組に所属しているヤクザです。彼は慕っていた組長に自分の妻子を殺され、組長を殺す事に。

彼の旅が今始まるのでした。

理不尽な力で邁進する龍伍さんは、地割れに落ちても津波に飲み込まれても大丈夫。襲い来る天変地異をものともせず、龍伍さんの親殺しの旅は続くのです。

結局今日したことと言えば任侠沈没を買ったぐらいだった 脳が任侠になった

任侠沈没読み終わった。バイオレンスジャックだねw

権力を武器に立ち向かう!

権力による犯罪は後を絶ちません。そんな彼らに対し、立ち向かっていくのが内閣権力犯罪強制取締官の「財前丈太郎」です。

こいつに狙われたが最後

ゴルゴ13

作者:さいとうたかを
巻数:181巻
題材:スナイパー

ゴルゴ13ことデューク東郷はプロの殺し屋です。彼に始末できないものはなく、依頼が止むことはありません。

依頼人は個人からどこかの国の組織まで。ゴルゴ13は今日もどこかに潜んでいます。

完全にフィクションの世界ながら、現実にあるかもと思わせるようなシチュエーションを描くのがこのシリーズの妙味。

ゴルゴ13初めて読んだけど面白すぎるしゴルゴ13カッコよすぎる

ゴルゴ13初めてまともに読んだかもしれない 結構好きだわ

ここは脱出不可能の島!生き残るのは誰だ!

主人公「御子柴鋭」は5名の命を奪った罪で「遠流」の刑を受けました。そう、島流しです。

御子柴鋭は無法の島の中でのサバイバルレースへと参戦することになったのでした。

自信をもってオススメできる一冊です。「自殺島」よりも面白いと感じる人もいるのではないでしょうか。自殺島と設定は酷似していますが、ある意味、島を長い間放置したらこうなった、という自殺島の後日譚としても読むことはできます。まずはご一読を。

天獄の島おもしろくて一巻すぐに読み終えてしまった…明日を楽しみに生きる

ただのおっさんのように見えて意外と真面目?

これは探偵「土岐正造」と依頼人たちの物語。土岐正造はボクシングや音楽が好きなただのおじさんです。

怠け者でもありますが、いざとなるとハードボイルドな男に早変わり。

「ハード&ルーズ」に「(おのが)美意識の敗北が決定した」とかいうモノローグがあって、この漫画最初に読んだの20代だったんだけど(古!)すごく印象的で。トシ取ると…というわけでもなかろうけど、「(おのが)美意識の敗北」はここ10年くらいでよく感じるようになったよね。

1 2