ダンボールだと造形の再現性は限られてくる。「忠実に再現したいならプラモデルでいい」と大野は語る。「この要素は捨てる、この要素は捨てられない、とモデルをキャラクター化する」と、制作を説明する。車両の足回りなど、実物さながらの部品構成だ。「対象への思い入れが強い。知らないことを知りたいと思う」結果らしい。

ダンボールの厚みやテクスチャーを巧みに生かしたのが大野作品の特徴だ。ダンボール製だとすぐにわかるが、それゆえにダンボール製であることに驚かされる。

出典ダンボールで作っちゃいました…大野萌菜美作品展 7月18日まで | レスポンス(Response.jp)

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

段ボールで造られた戦車のクオリティが半端ない!“ダンボール女子”大野萌菜美の戦車ダンボールが凄い!

驚異のメタトランスファー感覚でなんでもダンボール素材で表現!!ダンボールクリエイター大野萌菜美がオリジナルダンボール作品展を開催!「ダンボールで何でも作る」という文字通り、戦車やスニーカー、あの作品の登場人物まで、普段公開されていない作品をこの個展にて展示致します。

このまとめを見る