1. まとめトップ

日本人が歯を失う最も大きな原因の歯周病

歯を支えている歯周組織が細菌に感染して歯肉が腫れたり出血し、最終的には歯が抜けてしまう歯周病。日本人の40代以上では実に7割が歯周病にかかっているといわれ、まさに国民病とさえ言えます。原因には生活習慣の影響も大きく、特に糖尿と合併症を起こすだけに健康意識を高めることが大事になります。

更新日: 2016年09月01日

3 お気に入り 1974 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

egawomsieteさん

■歯磨き指導ない歯周病治療 「治す気がない」との問題提起

歯科医選びほど難しいものはない。ニーズは患者によって大きく異なるし、必要のない歯を抜いてインプラント手術を行なう歯科医も存在するので“値段の高い自由診療だから質が高い”とも限らない。歯科業界関係者に聞いた悪徳歯医者を見抜くマニュアルをお届けする。

 歯周病は、歯を失う原因となるだけでなく、糖尿病や、心臓疾患等の原因となることが最近の研究で明らかになっている。だが、日本歯周病学会の専門医・吉川英樹氏(千葉市・吉川歯科医院)は、正しい治療を受けている患者は極めて少ないと証言する。

「歯周病の原因は、細菌性プラーク(歯垢)です。そのプラークを取れば治る。簡単なことなんです。

しかし、他院で歯周病が治らないと言ってくる患者の8割は、プラークが取れていない。(歯科衛生士の)スケーリング(歯石除去)技術が未熟であるか、歯磨き指導をしっかりやっていないことが原因です」

 吉川氏によると、歯周病治療は、一回40分ほどの歯磨き指導を6回やらないと治らないという。

「まず、原因を丁寧に説明し、患者に理解してもらうことから始めます。そうしないと歯磨きの習慣がつかず、いつまでも治せません。

 そして、歯周病治療に絶対必要なのが、歯間ブラシとデンタルフロス。これらを使わないと、60%くらいしか磨けないからです。正しく使えるようになるには、合計6回はかかりますよ」

例えば、歯周病治療に3ヶ月以上通っても全く改善しない場合、その理由を歯科医に尋ねてほしい。その際、これまで何例ほど、歯周病治療に成功したのか、確認してみるのも大切だ。

 吉川氏は、歯周病治療でも、マイクロスコープを使うメリットがあるという。

「肉眼では血液にしか見えない場合も、マイクロスコープを使うと、そこに膿が出ているのが見え、早期の治療が可能になります。

 歯科医の中には、マイクロスコープは必要じゃない、オーバースペックだという方がいますが、使った事がないのでしょう。歯科治療は20ミクロンの精度を要求されますが、100ミクロン(1mmの10分の1)より小さいと肉眼で見えません。見えない状態で治療して、うまくいくわけがありません」

■歯が抜ける最も多い原因な歯周病

歯周病とは、歯を支えている歯周組織が細菌に感染して歯肉(歯周)がはれたり出血したりして、最終的には歯が抜けてしまう病気のことです。
高齢になると歯が抜けてしまうという方が多いですが、その原因の第1位がこの歯周病。
実は、虫歯で歯が抜けることは、現代ではあまりありません。
また、歯周病というのはとてもありふれた病気です。
歯周病の原因となる細菌は、歯垢(しこう)の中にあるため歯みがきが不十分な人ほど歯周病になりやすいでしょう。
一説によると40代以上の日本人は7割が歯周病にかかっているといわれています。
しかし、「歯周病の治療で歯医者に通っている」という方は少ないのではないでしょうか?
実は、歯周病は初期症状がほとんどありません。
テレビCMで有名な「歯茎のはれ」や「痛み」が起こったときは、すでに症状が進んでいることが多いのです。

■歯周病になりやすいのはこんな人!

歯周病は、中年以降の日本人では80%がかかっている病気です。初期は目立った症状がなく、ゆっくり進行するため、「静かな病気(サイレント・ディジーズ)」とも呼ばれ、日本人が歯を失う最も大きな原因となっています。

 しかし安心してください。歯周病は正しい知識さえあれば防ぐことができる病気なのです。それなのに、世の中には歯周病の専門家から見て、首をかしげたくなるような不正確な情報が蔓延(まんえん)しているといいます。

同じようにブラッシングをしていても、歯周病になりやすい人とそうでない人がいます。その違いはどこにあるのでしょうか。

 歯周病の発症や悪化にかかわる要因は(1)口の中の細菌の攻撃力、(2)患者自身の抵抗力、(3)生活習慣(環境)の3つに大きく分けることができます。

まず「(1)細菌」について考えてみましょう。歯周病のおおもとの原因は、口の中の歯周病菌です。口の中には、良いものも悪いものも含めて一般的に培養できるものは400~500種類ほど、培養できない細菌も入れれば700種類ともいわれる細菌が棲んでいます。この中に、より多くの種類の「歯周病菌」が揃っている人のほうが、リスクが高い可能性があります。

 また、「レッドコンプレックス」と呼ばれる悪性度の高い3種類の歯周病菌を全部持っている人もリスクが高いとされています。とくにきわめて悪性度の高い「P.g.菌(ポルフィロモナス・ジンジバリス)」を持っていると、歯周病は5倍進みやすいといわれています。

「(2)患者自身」にかかわる要因として、わかりやすい例が糖尿病の人です。どんなに歯周病菌が強力に攻撃してきても、外敵に対抗する体力や免疫力が高ければやっつけることができますが、糖尿病で免疫力が低下している人は、歯周病を発症しやすく、悪化しやすいことがわかっています。

また年齢が高くなればなるほどリスクは高まり、女性は思春期や妊娠中、更年期など、ホルモンが変動する時期は症状が悪化しやすくなります。あまり多くはありませんが、遺伝的に歯周病になりやすい人もいます。

 さらに大きな影響をおよぼしているのが、生活習慣などの「(3)環境」です。ストレスや肥満、運動不足などさまざまですが、とくに「タバコ」は吸えば吸うほど歯周病にかかりやすくなることが明らかになっています。タバコのニコチンに含まれる有害物質は免疫機能や細胞の働きを阻害して歯周病の進行を早め、治りにくくしてしまいます。有害物質の影響で歯肉の血行が悪くなっていることも、歯周病の悪化に拍車をかける原因といえるでしょう。

■歯周病の恐ろしさとは?

歯周病はありふれた歯茎の病気です。
しかし、だからといって放っておいてよいことはありません。
歯茎がはれたり出血したりするということは、家の土台がぐらついているのと一緒です。
ですから、症状が進めば家に当たる歯が倒れてしまいます。
また、歯は一本抜けるとほかの歯とのバランスも悪くなるのです。
なので、一本歯が抜けると周りの歯も次々と抜けてしまうことも少なくありません。

最先端の歯科治療に「インプラント」があります。
これは、歯茎にねじを埋めこんで人工の歯をかぶせる治療のこと。
入れ歯よりもより天然の歯に近く、見た目も悪くないことから治療を受ける人も増えています。
しかし、歯周病で歯茎がダメになってしまえばインプラントは行えません。
つまり、歯を失うだけでなく、再生のための治療法も限られてしまうのです。
また、歯周病は初期のころだと気づかないことも少なくありません。
知らないうちに進行していくので、別名サイレント・ディジーズ(静かなる病気)と言われています。

■こんな症状が出たら要注意

1.歯茎が赤くなり、出血する

歯周病と聞くと、この症状を思い浮かべる人は多いでしょう。
歯周病以外でも歯茎が赤くなったり出血したりすることはあります。
しかし、歯周病の場合は何もしなくても歯茎が赤くなっていることが多いのです。
また、ちょっとした刺激で出血するため、歯みがきをするたびに歯茎から出血する人も少なくありません。

歯ブラシやデンタルフロスをしっかり行い歯周病菌を歯茎に残さないようにすれば、歯茎は引き締まって、腫れが引いてきます。

歯ブラシやデンタルフロスに血が付いてきたときは、その部分に歯周病菌が残っていて歯茎が腫れている証拠です。歯茎が腫れていると刺激によってすぐに出血してしまいます。そして腫れや出血が続くと歯茎の中の骨が溶け始めてしまいます。出血しているからと言って歯ブラシをしないと悪化してしまいます

2.冷たいものや熱いものがしみるようになる

歯周病が進行すると、歯茎がやせて歯茎の中に埋まっていた歯の部分が出てきます。
ここに、冷たいものや熱いものがしみるようになるのです。
虫歯の場合も冷たいもの等がしみますが、歯周病の場合はもっと広範囲でしみた感じになるでしょう。

歯茎が下がると歯の象牙質の部分が出てきます。象牙質は神経とつながっている管を持っているため知覚過敏を起こします。

唾液の中のカルシウムやリンでその穴は自然に埋められていきますが、痛みが強い場合は根の表面にコーティング剤を塗りこみます。詳しくは「知覚過敏の症状チェックと虫歯との違い」を参考にしてください。

3.歯が伸びた感じがする

極端に歯茎が下がってしまった場合は歯茎を移植して根を覆う方法を取る場合もあります。

歯周病になると歯茎がやせて下がってきます。
すると、歯が伸びたように感じられるのです。「何だか出っ歯になった気がする」と思う方もいるでしょう。

4.硬いものをかむと歯が痛くなる

歯茎は歯の土台です。
歯周病になると、歯が浮いてくることも珍しくありません。
そうなると、硬いものをかむと神経にさわって痛みを感じることもあります。
また、歯周病が進むと硬いものがかみにくくなってくるでしょう。

歯周ポケットが深い場合はポケットの深さを減らす外科的な処置をします。ポケットを浅くして歯石やプラークが溜まらないようにします。詳しくは「歯周ポケットは口臭や歯周病の始まり/歯周ポケット改善方法」を参考にしてください。

1 2