1. まとめトップ

ダイバーシティ経営 ~成長戦略の一環にもなっている

ダイバーシティ経営又は、ダイバーシティ・マネジメント一人ひとりの違いを尊重し、活かすことで生じる相乗効果を組織の成果に繋げていける経営。アベノミクス成長戦略の一環にもなっている。

更新日: 2016年07月10日

8 お気に入り 1184 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

mamekotoさん

ダイバーシティ経営とは

「ダイバーシティ経営」 とは

読み: だいばーしてぃけいえい英名: Diversity Management

企業が多様な人材を活かし、能力を最大限発揮できる機会を提供することでイノベーションを誘発し、価値創造を実現する経営手法のこと。福利厚生やCSRの一環としてではなく、新たな製品開発や顧客満足度の向上など、経営面での成果につなげていくことを目的としている。

「一人ひとりの違いを尊重し、活かすことで生じる相乗効果を組織の成果に繋げていける経営」が、ダイバーシティ経営の本質です。

ダイバーシティ(diversity)とは「多様性」の意味である。現在、多くの企業が多様性問題の啓蒙活動や、多様性の推進に取り組んでいる。

ダイバーシティとは
Diversity=一般に、多様性と訳される。翻訳語としては特に定まったものはない。もともと米国企業で導入された経営手法。 各社のCSR報告書などでは「人材の多様性への対応」とするケースが多い。 米国の企業経営にこの理念が取り入れられた背景には、人種、性別、年齢、障害の有無や、価値観、宗教観等の違い、さらには非常勤雇用、在宅勤務等雇用形態にかかわりなく、あらゆる人材の能力を活用することが企業価値を高めるとの考え方がある。
国内の主要企業は近年、これに対応する専門部署を相次いで設置している。

具体的に何を考慮するか

事例

日本企業の人事部門でダイバーシティ・マネジメントが大きな課題として取り上げられ始めたのは、1985年に改正された「男女雇用機会均等法施行」の後からと言われています。組織内の女性労働者の処遇改善や福利厚生の充実を通して、組織の中の性別による働き方(ワークスタイル)の多様性が認知され、上手く活用するための諸制度が整備され始めました。例えば、日本IBMの育児休暇制度導入(1987年)や、係長以上の女性役職者を1年で20%増やした西武百貨店(1989年)などが先進的な企業と言えるでしょう。もちろん当初の多くの企業姿勢は極めて受身的であり、ダイバーシティの概念がコンプライアンス上の要請を満たすためのものであったことは皆さんもご存じの通りです。

「ダイバーシティ経営企業100選」(経済産業大臣表彰)

経済産業省は、「ダイバーシティ経営によって企業価値向上を果たした企業」を表彰する「ダイバーシティ経営企業100選」(経済産業大臣表彰)を平成24年度から実施しています。

○ ダイバーシティ経営企業100選47

「ダイバーシティ経営企業100選」は,業種・規模・地域における様々なベストプラクティスを収集・発信していくことで,ダイバーシティ経営への取組を後押ししていくことを狙いに,平成24年度から開始された。「ダイバーシティ経営」とは,多様な人材をいかし,その能力が最大限発揮できる機会を提供することで,イノベーションを生み出し,価値創造につなげている経営のことで,取組の内容(実践性,革新性・先進性,トップのリーダーシップ)と,その取組が経営上の成果につながっているかを軸に評価を行い,多様なロールモデルを選定した。

動画 ~「ダイバーシティ経営企業100選」

口コミ情報

ダイバーシティは、福利厚生ではなく経営戦略。『男女ではなく、社員一人ひとりの多様な能力と価値観を生かすマネジメントが重要です。ダイバーシティ経営とは、多様な人材の持っている多様な能力を生かすことなのです」と強調した。』nikkeibp.co.jp/atcl/column/16…

1