1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

無効の可能性も…?参院選の投票用紙交付ミスが各地で続出していた

10日に投票が行われた参議院選挙では、投票所の担当者が選挙区と比例代表の投票用紙を誤って逆に交付するなどのミスが各地で続出したようです。

更新日: 2016年07月11日

8 お気に入り 22142 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

kyama77さん

●参議院議員選挙の各地の投票所でミスが相次いでいた?

10日投票が行われている参議院議員選挙で、投票所の担当者が選挙区と比例代表の投票用紙を

●大阪・和泉市では、2か所の投票所で選挙区と比例区の用紙を間違って交付

大阪府和泉市では、参院選の2カ所の投票所で計53人に対し、選挙区と比例区の用紙を間違って交付した。

・箕面市では、交付ミスで市選管職員らが5人の自宅を訪れて謝罪した

大阪府箕面市選挙管理委員会は10日、同市西宿の西宿南集会所に設けられた投票所で、有権者5人に選挙区と比例代表の投票用紙を逆に交付するミスがあったと発表

●兵庫・尼崎市では、投票所1カ所で投票管理者を務める福祉課長が寝坊で遅刻

投票管理者を務める市の男性福祉課長(55)が寝坊で遅刻し、投票開始が10分遅れたと発表した。

・奈良県桜井市でも選挙区と比例区で誤って交付するミス

奈良県桜井市選管は10日、同市桜井の参院選投票所で、同日午前7時から同20分までの間、

・有権者7、8人が投票をせずに帰宅した可能性があるという

●青森県でも選挙区と比例代表の投票用紙を取り間違えて交付するミス

青森県でも野辺地町と五所川原市、つがる市で、選挙区と比例代表の投票用紙を取り間違えて交付するミスがあった。

野辺地町では5人、五所川原市では7人、つがる市では12人で、投票は無効になる可能性がある。

1 2