1. まとめトップ

寝起きって本当に全然力が入らないよね【豆知識】ずっと謎だったその理由は

寝起きって本当に全然力が入らないよね【豆知識】ずっと謎だったその理由は 幼い頃から疑問だった寝起きに力が入らない理由をまとめました!少し変わった記事なんですが、少しでも面白い記事として読んで下さればいいと思います。

更新日: 2017年09月19日

1 お気に入り 116868 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

gesterさん

睡眠負債が目覚めの原因であるかも!?

睡眠負債(すいみんふさい、英: Sleep debt)は、スタンフォード大学の研究者により提唱された言葉で[1]、日々の睡眠不足が借金のように積み重なり、心身に悪影響を及ぼすおそれのある状態である

毎日の睡眠不足が積み重なると「睡眠負債」となり、命のリスクにつながる。「睡眠負債」を返済するためには、日常的にどうすればいいのか? フジテレビ解説委員の鈴木款氏が、専門家に聞いた――。

睡眠不足は肥満につながる

寝起きに力が入らないのは・・・?

3 Lines Summary
・最適な睡眠時間は個人差がある
・睡眠不足と違って「睡眠負債」は気づきにくい
・間違った寝だめをすると身体に負担がかかる

最近注目されている「睡眠負債」という言葉。毎日の睡眠不足が積み重なると「睡眠負債」となり、命のリスクにつながることが様々な研究から明らかになってきた。

日本人は世界的にみて睡眠が不足していると言われている。

では「睡眠負債」を返済するためには、日常的にどうすればいいのか?

企業向け睡眠改善プログラムを提供している「ニューロスペース」の小林孝徳社長、そして筑波大学で睡眠医科学の研究に携わってきた佐藤牧人氏(現在「ニューロスペース」取締役)に話を伺った。

身体の筋肉をほとんど使っていないからです。これは筋肉にかかる負荷としては無重力の宇 宙空間にいるのと近い状態になります

寝ている間は宇宙の無重力状態と同じ状態になるんですね。これは筋肉が緩和している状態なので、長時間続けるのはとても危険なことといえるでしょう。

体温が「寝起き」と関係があるようなのです。
起きるとき、体温が十分上がっていると寝起きもさわやかになります。体温低いうちに起きると、“ボケー”っとしてしまう

眠くなると体温が下がっていきます。だから寝起きは体温が低く、その影響が筋肉にも影響をあたえているんですね。

寝起きの脱力がしばらくすると治まってくる場合には寝ている間の圧迫などが原因かもしれませんね。

寝ているときは無意識にいろんなものから圧迫を受けているのかも!

筋肉は平均的に1年間で1%ずつ筋肉が衰えてしまうそうなので、注意が必要ですね。家にこもっている場合、2日間で1%筋肉が衰えてしまいます。筋肉トレーニングの大切さがよくわかる数値ですね。
たった2日間でここまで衰えるなんて、正直ショックです。

寝てる状態から瞬時に計算に答えます。

「結構寝ているのに寝起きがいまいち」という人は、深いノンレム睡眠がとれていない可能性が高いのです。

質の良い睡眠を十分にとることが大事。筋肉をいたわってあげよう。



レム睡眠やノンレム睡眠のように睡眠には様々な種類があります。深く眠れている時は案外時間が短く、ほとんどが浅い眠りだそうです。少しの物音で目が覚めてしまう方がいますが、浅い睡眠が長く続いている証拠です。人間の睡眠時間は、七時間ぐらいが平均的です。短すぎても良くないし、長すぎても体がふらつきます。

バランスが大切ですので、時間を決めて睡眠をとりましょう。人間の体内が最も活性化される時間帯として、夜の10時から夜中の2時までです。ゴールデンタイムという言葉をよく聞きますよね。この時間のことを指すそうですよ。

夜10時に寝ることはむつかしいかもしれませんが、体調が良くなったりするので、ぜひ努力してみてください。

起きてから脳みそが覚醒するまでにだいたい1時間ぐらいかかりますので、その間に無理をしてしまうと怪我の原因にもなります。

寝起きにパワーボールで握力の限界突破を果たす25歳若者!!

こんな原因も考えられる!

学生時代と今を比較してみると、「社会人になってから寝起きが悪くなった」と感じている人が多くいるようです。

特に朝一番は、まだ朦朧とした意識の中、この「焦りのスパイラル」にあっという間に引きずりこまれてしまいます。

1