定年を迎えるまでに最低でも5000万円は作っておきたいところです。

それも1人あたりです。
ということは、夫婦だと1億円になります。

たとえば持ち家の人だと、築30年くらいになればいろいろな箇所にガタが来ますから、終の棲家になることを想定して壊れたところを修繕しておきたいと考えるのでしょう。

また最近は晩婚化が進んでいますから、自分が定年になった時、子供が結婚していないことも考えられます。
子供の結婚にかかる費用を親が負担するケースは少なくありません。

自分が60歳前後の時、親が90歳前後で要介護だったらその費用負担も発生しますし、
自分自身も決して若くはないわけですから、医療費の負担がかさんでくるでしょう。

出典「安心な老後」には、いくら貯金が必要なのか | 投資する前に読むおカネの法則 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

「あれ、私少なすぎ…?」大公開 30代の平均貯金!

なかなか人には聞けない貯金額。同年代の人は一般的にどれくらい貯蓄できているのか、そして将来に向けて今の段階でどれくらい貯金が必要なのか、気になりませんか?気になる30代の方、必見です。

このまとめを見る